1. HOME
  2. ブログ
  3. 2・25反原発・反失業高円寺一周デモに集まろう!

2・25反原発・反失業高円寺一周デモに集まろう!

すべての原発いますぐなくそう全国会議(NAZEN西部)から、2・25高円寺デモの呼びかけが発せられています。2・25高円寺デモをかちとり、3・11福島県民大集会に参加しよう!

2・25(土) 16時:高円寺北3丁目公園集合 デモ出発

★14時-15時半 
    高円寺駅オキュパイ(占拠)街頭宣伝
★18時-20時 
    反原発・反失業交流集会
    (高円寺北区民集会所第4・5集会室)

                                        

 3・11福島県民大集会への訴え!

  3月11日は絶対に忘れることができない日、怒りの日です。
 2万人もの犠牲者を出した地震と大津波、原発事故で福島県内では今なお15万人を越える人々が避難生活を強いられ、大半の地域が「放射線管理区域」以上の高線量被曝下におかれています。
 それなのに、野田首相は昨年末に突然の「収束宣言」。原発の中では、溶け落ち飛び散った核燃料がどこにあるかもわからず、それを取り出す術すらないというのに、一体どこが「収束」だというのでしょうか。
 政府・東電は被災者のいのちや生活などまったく切り捨て、一切の責任から逃れようとしています。子どもたちの避難や疎開すら拒み、「除染」作業に住民や労働者をかり立て、家族も地域もバラバラにされています。
 労働者、農民、漁民から生活の糧を根こそぎ奪っておきながら何の補償もなく、ようやく請求した賠償金すらほとんど支払われていません。それなのに県内23市町村の住民のみに、賠償金として1人8万円、子どもと妊婦には40万円支払うというのです。これが命の値段だとでも言うのでしょうか。どこまで福島県民をなめたら気がすむのでしょうか。
 その一方で、原発をあくまでも再稼働し、外国に輸出までしようとしています。「人の命よりもカネ」、あれだけの事故を引き起こしても、結局は金儲けしか頭にない、これが今の政府や大企業の経営者たちの本音、本性です。「ミスター100ミリシーベルト」山下福島県立医大副学長の下、「放射線医療特区」として200万福島県民、36万人の子どもたちを人体実験材料にしようというのはその最たるものです。
 人間の尊厳を奪い、自然を根こそぎ破壊する原発は新自由主義そのものです。都市と分断して地方を切り捨てる。正規職と分断して非正規労働者を大量に被曝させ使い捨てにする。この原発と闘うことは新自由主義と闘うことです。
 労働者と農民・漁民、市民がひとつになり、福島と全国の怒りを一つにして、東電と政府の責任を追及し抜くこと、これこそが原発をとめる力です。この「人よりもカネ」の新自由主義の「復興」など、もうごめんです。ビジネスチャンスではなく、この腐りきった世の中を、すべての人々の団結でひっくり返すチャンスにしなければなりません。
 3・11郡山開成山球場集会とデモにフクシマの怒り、全国の反原発の怒りを総結集して、野田政権の原発再稼働を絶対に阻止しましょう! 全国、全世界からすべての原発をなくしていく闘いを福島の地からまきおこしていきましょう!   

再稼働反対署名→2/28経産省提出     

再稼働反対署名を集めよう。2月28日に経済産業省に提出する予定です。21日までに事務所に送付してください。署名用紙はhttp://nazen.info/からダウンロードできます。署名を使って職場・地域・学校で仲間をつくりましょう。                               

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事