1. HOME
  2. ブログ
  3. 9・23さようなら原発集会・デモに参加しました

9・23さようなら原発集会・デモに参加しました

9.23kameidokitajima9月23日、秋晴れの中、亀戸公園で行なわれた「さようなら原発集会」にNAZEN杉並などの仲間とともに参加しました。(北島邦彦)

元々代々木公園で予定されていたこの集会は、デング熱騒動で会場が亀戸中央公園に変更になりましたが、午後1時のトーク開始のはるか前から全国各地から労働組合の旗を掲げて多くの労働者が続々と結集してきました。その数1万6000人!
福島から浪江町の希望の牧場・吉沢正己代表が牛のオブジェを持参して参加し、会場入り口で参加者に福島の現状を熱烈に訴えていました。
会場前で国鉄解雇撤回10万ByMuMNvCMAA6hTY.jpg large筆署名が取り組まれていました。「国鉄闘争の力で戦争と原発 の安倍政権を打倒しよう」との訴えは圧倒的に受け入れられ、約1000筆もの署名が集まった。さらに11・2全国労働者集会のチラシが多数まかれ、チケットが50枚近く売れたそうです。

(写真は、快く署名に応じる落合恵子さん)

集会では、川内原発反対の訴えをはじめ、様々な発言がありましたが、NAZEN呼びかけ人でもあるビキニ事件第五福竜丸元乗組員の大石又七さんの発言がやはり印象的でした。

「水爆実験当 時、約千隻におよぶ日本の漁船が操業しており、セシウムなどの放射能を浴び内部被曝しています。やがて多くの人ががんなどを発病し、亡くなっていきまし た」「核兵器の放射能も原発の放射能も同じものです。恐ろしい放射能を抱え込んでいる原発も核兵器も絶対に反対です」と訴えた。
作家の 大江健三郎さんは「集団的自衛権の閣議決定があり、原発の再稼働へと安倍政権がやっていることは、まっすぐつながっている。もっとも浅はかなオプティミス トたちが戦争をしかけたがっている以上、私たちペシミストたちは断固として進まねばならない」と、安倍政権との闘いの決意を語っていました。

866661573(不思議なTEPCOオブジェ?も会場にありました。)

韓国から韓国・脱原発新聞共同代表パク・ヘリョンさん、台湾からは緑色公民行動連盟の代表チェ・スーシンさんが発言。各国で反原発運動が高揚しています。ますます3・11を受けて二度と原発を動かさない日本の私たちのたたかいが重要です。

9.23kameidokitajima最後に、デモのしんがりをつとめ、元気なコールがまわりの注目を引いたNAZENのコールと当日まいたビラの一部を紹介します!

原発いらない 再稼働反対
川内原発  再稼働とめよう
原発なくそう 戦争とめよう
集団的自衛権 絶対ゆるすな

川内原発 再稼働反対
「安全じゃない」避難計画
私たちは 被ばくしている
甲状腺がん 104名
原発事故は関係ないって
冗談じゃない!

いのちを返せ!ふるさと返せ!
仲間を返せ! 未来を返せ!
人の命も 守れないで
何が原発再稼働!
再稼働反対!ゼッタイ反対!
川内原発 再稼働とめるぞ!

今だ!デモだ!ストライキだ!
今だ!デモだ!ゼネストだ!!!
外注化とめよう!非正規なくそう!
闘う組合 よみがえらせよう
あらゆる職場に 組合つくろう
じぶんの職場で声をあげよう
じぶんの現場で仲間をつくろう

解雇 賃下げ 非正規 外注化
消費税上げて 法人税さげて
自殺 過労死 差別 貧困
あなたの職場で 戦争おきてる
今この社会で 戦争おきてる
こんな社会に 負けてたまるか!
安倍なんかに 殺されてたまるか!
なにがなんでも生きてやる!

安倍政権を いますぐ倒そう
ストライキで 原発なくそう
ストライキで 戦争とめよう
労働者として 声をあげよう
闘う組合 よみがえらせよう
仕事が好きだ! 仲間が好きだ!
人間らしく 生きたいだけだ!

戦争反対! 戦争やめろ!
反戦 反核 反原発
被ばくするのは 結局非正規
戦争いくのは 結局うちらだ
金ないやつから 徴兵されるぞ
ビンボー人は 死ねってか
戦争行って 死ねってか
そんな社会は まっぴらごめんだ
こんな社会は うちらで変えよう!

安倍政権は 戦争やめろ!
戦争する国 ゼッタイ反対!
武器の輸出でぼろもうけ
原発輸出で ぼろもうけ
お金のための 再稼働
お金のための 侵略戦争

安倍政権をぶっとばせ!
戦争国家をぶっとばせ!
安倍政権を いますぐ倒そう

闘いなくして 安全はない
闘いなくして 生きてはゆけない
弾圧恐れず ひとつになって
怒りの声を! 命の叫びを!
怒りのこぶしを 共にあげよう!

共に闘い 共に生きよう
福島とひとつに
世界とひとつに
今ここ、うちらで 革命やろうよ!
原発なくそう 戦争とめよう!

労働組合の闘いで破綻する「避難計画」
20140617_1104283再稼働に向かって、薩摩川内市では「過酷事故に備えて」ヨウ素剤の配布が開始されました。本当に住民を守るのであれば「過酷事故」が想定される再稼働そのものを止める以外にありません。ヨウ素剤配布は、住民のためではなく、再稼働のためのアリバイ作りです。
そして問題の避難計画は、渋滞も想定せずに30時間かかる被ばく必至の計画であり、介護施設や病院にいる弱者を「屋内退避」として避難すらさせない、到底「避難計画」とは言えないものです。3・11福島第一原発事故では、入院中の患者に毛布一枚が配られ避難、移動中にたくさんの方が命を失った。こんなことは二度と繰り返してはならない。
避難計画に動員される労働者の被ばくの問題です。自衛隊、自治体労働者、医療・介護労働者、そして交通・運輸関係の労働者の動員が組み込まれ、放射能の中を働くことになる。「安全性を保証できなければ運転手を出すわけにはいかない」(私鉄鹿児島交通労働組合・森田周一委員長。朝日新聞より)。労働組合の原則的な拒否を背景に、避難計画はバス400台が足りない状態です。原発事故の「避難計画」など作ることは不可能であり、こんな計画は破綻させてしかるべきです。再稼働しない、これ以外にいかなる答えもありません。

安倍をたおそう! 11・2日比谷野音での労働者集会へ!
原発の再稼働や、7・1「集団的自衛権」閣議決定、こんなものは安倍政権を倒して撤回させなければなりません。それは絶対に可能です。集団的自衛権の閣議決定は、4万人の怒りの包囲の中で強行されました。「7・1」は「3・11」に匹敵する規模で、私たち労働者・民衆の目を覚まさせました。被ばくの上に子どもたちを戦場に連れていくのか! 非正規に突き落として未来を奪われた若者に兵士になれというのか! 今までの悔しさ、怒りが一気に解放され始めました。「7・1」は暗黒の時代の開始ではありません。私たちがこの手でこの社会を変え、新しい社会を作っていく、革命の扉が開いた日となったのです。
10464371_529565323839895_1421296654241094368_n8月9日に行われた長崎原爆犠牲者追悼平和祈念式典では、被爆者代表の城臺美弥子さんが安倍首相への怒りをたたきつけました。怒りをもって立ちあがれば、多くの人の心を動かす時代が今です。 「金目」発言の石原伸晃・元環境大臣や佐藤雄平福島県知事など、中間貯蔵施設の問題をめぐる福島県民の怒りでぶっ飛ばされました。自民党も本当にぐらぐら、彼らの凶暴さは、決して強さではありません。 アベノミクスはすでに明日崩壊してもおかしくない状態にあります。安倍政権の最後の頼みの綱が鉄道、原発、水道、武器の輸出産業です。特に原発はパッケージ輸出という形で、原発の建設のみならず、管理・運営、ウラン原料ルートや使用済み燃料の再処理、賠償スキームと反対運動の分断のやり方、そして多重構造と被ばく労働の強制のやり方までをパッケージにして他国の企業を出し抜こうという商売です。それは福島の声や原発労働者の怒りを抑え、輸出先の労働者を研修させる日本国内の原発の稼働が一切の前提です。私たちの闘いで、こんな計画は破綻させられる。安倍政権をひっくり返しましょう!
11・2安倍をたおす全国集会(日比谷野音)に参加しましょう!

112b

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事