1. HOME
  2. ブログ
  3. 10・1外注化阻止決戦-出向事前通知弾劾!絶対止める!動労千葉が総決起集会

10・1外注化阻止決戦-出向事前通知弾劾!絶対止める!動労千葉が総決起集会

動労千葉は、検修外注化のための出向事前通知に怒りを爆発させ、総決起集会をかちとった。「まだ何も決まってない!10月1日実施を絶対に止める!」と徹底抗戦を宣言する熱烈な決起集会となった。

千葉では14日までに91人、うち動労千葉組合員44人に事前通知が出された。集会では通知を受けた組合員がそろって登壇し、熱い戦いの宣言を発した。「うちの青年部を護のは当然ですが、東労組の若いのも獲得したい」「事前通知以降、これまでのになかったほど職場がわき上がっている。平成採も怒り心頭ですごい勢いだ」と、組織拡大のけついや青年の闘いが報告され、長田書記長が「事前通知強行と東労組の裏切りへの怒りを組織拡大に添加するために闘おう。あらゆる闘いがひとつになった時、必ず外注化派阻止できる」と確信を込めた。

幕張支部の山田護支部長

支援の皆さん。連日職へのビラ入れありがとうございます。元気が出ます。当局は、9月12日の勤務アケの人から、外注化・強制出向の事前通知を強行してい ます。ふざけるな!まだ何も決まっていません。団交でも、職場の趣旨説明でも何もまとも答えられません。組合員の怒りの抗議に、当局はさらされています。
就業規則には、「会社の業務上に必要な場合は社員に出向を命じる。社員は相当の理由がない場合は、社員は拒むことはできない」と書いてありますが、「業務 上に必要な場合」とは何か?と会社に聞いても何も答えられない。答えられない出向に私たちは行くつもりはありません。会社は、エルダー社員の雇用の場の確 保のため」と言っていますが、この5年間は退職する人はいません。雇用の場を確保しなくてもエルダー雇用の場はあるんです。全く嘘ばっかり。「出向して社 員の技術指導してもらう」といっていますが、10月1日をもって何するのですか。出向先のCTS(千葉鉄道サービス)は社員の雇用もしてない。学校に求人 を出していない。いったい誰に指導するのか。「コスト削減」と言っているが新たに助役を雇って人件費2億ぐらいかける。団交で質問すると、「答える必要はない」という。
外注化は絶対に止められる。当局が配っている「就労条件など」という文書があるのですが、「事業名は千葉鉄道サービスとあり、業務内容が駅の掃除、車両の掃除、検査修繕、リネンサプ ライ業務、駅管理業務とあります。出向に出す社員には「運転列びに構内業務」と書いてあります。CTSにはこの業務ができないわけです。これは偽装請負そ のものです。
組合員が、「新しい職場はどこにあるのか」との追求すると、「職場の名前は幕張運転車両所」とあるんです。そんな職場どこにあるのですか。建物も工具もな い。そのまま人も、工具もロッカーも職場全部、10月1日に持って行くというのです。明らかな偽装請負です。こんな事を認めるわけも行かないし、法律上か ら言っても絶対止められる。うちの組合員も止められると思っているし、そんなに焦っていません。
東労組の裏切り。国労もそうですが、2回ぐらいの団交で終わって、今度東労組の掲示板に何が書いてあるのかとみたら、「定年延長を65歳までにしましょ う」。だったら外注化も出向も必要はないでしょう。そのときに定年延長を要求すればいいではないか。本当に嘘ばっかり。こんな外注化は絶対に認められませ ん。絶対に止めますのでよろしくお願いします。

田中康宏委員長

外注化との闘いは長い闘いになる。12日から強制出向の事前通知が開始された。91名中44名が動労千葉。事前通知だけ強行(動労千葉は誰一人受け取っていない)、あとは何も進んでいない。幕張は半分が外注化されるのに、業務の詳細は全く、何一つ明らかにしていない。しかも幕張には新たに管理者だけ6名増員された。管理者だらけ。管理者含めてそっくり下請けに移行、こんなの偽装請負以前の話だ。ひたすら団結を破壊し、労働者の未来を奪って突き落とす攻撃である。
幕張支部の組合員は何と言っているか。おれ達はいい。だけど若い奴つらだけは止められないか、列車をバタバタ止めてもいい、何をしたらいいのか方針を出してくれと。現場は1ミリも認めていない。1つも負けてはいない。12年間の闘いの地平はものすごいものがある。
しかも10・1強行されても何ひとつ終わらない。今回の外注化で何が起きるのか。91名、管理者だけで16名、この人件費だけで2億円。来年は計画業務、機動班、倉庫資材、そしてゆくゆくは新系列関係も、すでに当局と東労組が結託して公然と言っている。3年経ったら戻れるなんてウソとペテンだ。外注化とは終わりなき攻撃だ。外注化だけは絶対許すな! 外注化、民営化、非正規化だけは絶対に許すわけにはいかない。今の労働者の現実、若い仲間の現実見たら明らかである。外注化のあとは必ず転籍・非正規化する。
しかし12年間の攻撃は破産している。すべては労働組合の問題だ。東労組は2回の団交の9月7日で終わり、そして12日から事前通知の開始、しかも東労組の組合員にはまだ団交は継続中と言っていた! 一体これは何なんだ!!労働者を殺す側にたつのか!
8・28の集団訴訟(外注化、強制出向反対で)は労働運動史上初めてのことだ。労働組合は労働者のためのものであると闘ってきた、われわれは12年間間違っていなかった。私は現場の力を尊敬し、本当に誇りに思います。わずか300の組合員が巨大なJRに立ち向かってきた。職場から徹底的に闘い、攻勢的に闘えば必ずうち破れる。旗は絶対に降ろさない。非正規職がなくなるまで闘い続ける。
外注化、出向の業務命令出たら、直ちに指名ストに入る。会社は事前通知の中で、個人情報は下請け会社に報告すると言っているが、しかし例えば構内運転業務、CTSの業務の中に運転業務はない。すべてデタラメだ。
19日は強制出向差し止め訴訟の裁判所での審尋が行われる。23-24日は定期大会が行われ、ここで12年間の総括と方針を打ち出す。10・1外注化阻止へ全力で闘おう。12年間の全てをかけて闘おう。分割・民営化以来の全て、自殺した200人の仲間、非正規に突き落とされた1500万人の労働者の怒り、毎年毎年3万人の自殺者、のべ50万人にも達する怒りと悔しさ、労働者には壁はない。さらに1047名解雇撤回闘争の巨大な爆発を、分割・民営化以来の決着つける闘いに全力で突入しよう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事