1. HOME
  2. ブログ
  3. ケンカの仕方教えます!! 9・2講演会に集まろう。

ケンカの仕方教えます!! 9・2講演会に集まろう。

 

首切り、雇い止め、賃下げ、イジメ、労災などで腹を立てている労働者のみなさん。闘わなければ状況は変わりません。闘えば勝てます。どう横暴な会社と闘うか、大野さんの話は必ず、ヒントになります。集会に参加し、ともにスクラムを組んで闘いましょう。

 

【大野義文さんの訴え!】

やられたら、倍にしてやりかえせ!
しなやかに、したたかに、しつこく!
職場に団結を!地域に連帯を!      

  僕はいま「機関銃を持ちたいな」という気分ですが、そうしたら銃刀剣類所持取締法で逮捕されますよね。
しかし企業が、機関銃以上に危険きわまりない放射性物質を抱え、毎日つくり、それを今回のように排出して地域住民、労働者の生活、人生、生業を全部破壊したら、どんな犯罪行為と言えるのか。
 もっともっと憤りをもって、東京電力と国家、原発を推進してきた学者連中に対してきちんと落とし前をつけてもらおうじゃないか。
 皆さん、刑法をご存じですね。234条、人の財物を窃取したる者は10年以下の懲役。199条、人を殺したる者は死刑、または無期もしくは5年以上の懲役。これ、労働現場で起こっていますよね。過労死・過労自殺、これは殺人じゃないですか。
 監督官が毎年11月を中心にして、全国で不払い残業の摘発をやっています。毎年200億円以上不払い残業として是正させてきているんですよ。ということは、監督官が事業所へ行って指導しない限り、企業はそれを払わない。時間と労働を盗み取っている、強奪している。窃盗と同じじゃないですか。
 30年の監督官の経験で言いますと、現場で、違反がない事業所というのは絶対にありません。労災事故なんかもあくまでこれは、資本・当局の責任です。労働者は絶対悪くない。そこのところをふまえて、背景責任を追及しなければならない。不当労働行為に対して基本は「現職復帰」「謝罪」です。やられたら倍にしてやりかえすのが私たち労働者の仁義だと思います。
 今日、国家・資本は、労働者を生きさせることさえ放棄しています。09年で非正規労働者は1721万人、年収200万円以下は1千万人に及んでいます。「闘っても勝てない」「合理化や賃下げはしかたない」という常識をくつがえしたい。「働きすぎない、怠けない、競争しない」という労働者の仁義を守りながら、「しなやかに、したたかに、しつこく」たたかっていきたい。職場に団結を! 地域に連帯を!  

【大野義文さんのプロフィール】

 広島、高知などで労働基準監督官を30年にわたって勤め、高知県安芸労働基準監督署長などを経た後、昨年退職。国鉄闘争全国運動の呼びかけ人でもある。
大野さんは、これまでの経験を生かし、そのノウハウのすべてを、「使い捨て自由」のやりたい放題の企業・資本の不正・悪行とのたたかいに注ぎ込んでいる。労働者に対しては実にやさしく、心強い。しかも労働争議のプロ。法律の知識はもちろん、会社の弱点も解決法も知り尽くしている人物だ。
会社に腹を立てているあなた! あきらめる必要一切なし!大野さんの話しを聞いて、一緒に行動をおこそう!

 

 只今、ケンカ中!【西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会】

鈴コン分会解雇撤回社前闘争

鈴木コンクリートの生コンミキサー運転手は、三ヶ月雇用・低賃金・安全無視の劣悪な労働条件を労働者の団結で
うち破ろうと2年前、職場に労働組合を結成した。すると会社は、解雇や懲戒処分などデタラメな理由をつけて組合つぶしに打って出てきた。鈴コン分会は、これに一歩も引かず、団結して立ち向かった。
こうして人間として労働者の誇りを取り戻すたたかいが始まった。
会社の好き勝手にさせてたまるか!社会の主人公は労働者だ!俺たちは奴隷じゃない!

LIVE【バラッドショット】
バラッドショット
ボーカル&アコーステックギター、バンジョー、ジャンベ、トランペットの4人編成のアイリッシュロックバンド。2005年結成。彼らがフェイバリットに取り上げるのは、アイリッシュトラッド、パンクロック、フォーク、ブルース、労働歌、民謡など生活根ざす音楽たち。日本語のまっすぐな歌は力強く、人間臭く、土臭く、機械油臭く、そして時に哀愁たっぷりなのである。
都内のライブハウス、BAR、PUBを中心に精力的に活動中!ファーストアルバム「歌打弾(uta-uta-uta)」絶賛発売中! 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事