1. HOME
  2. ブログ
  3. 郵政非正規ユニオン・杉並分会結成される!

郵政非正規ユニオン・杉並分会結成される!

6月16日、ついに東京西部ユニオン郵政分会(郵政非正規ユニオンの杉並分会でもある)が結成され、団体交渉を日本郵政荻窪支店に申し入れました!

BqP2tQACcAA0O0X一方的なスキルダウン評価による時給切り下げへの怒りの反撃です。

夕方の荻窪街頭宣伝でもブラック化した郵政に対して、杉並で反乱の火の手があがったことを訴えさせてもらいました。そして夜には西部ユニオン事務所にて分会結成報告集会が開かれ、郵政非正規ユニオンの青年同士の交流も大いに行われ、これからの闘いについて語り合いました。

明日は、御用労組と化したJP労組の大会が名古屋で行われます。しかしこれに対して組合内部で闘う労組交流センター全逓部会の仲間が、郵政非正規ユニオンとタッグを組んで立ち上がります。

この狼煙よ、全国に届け! ユニオンに加入して一緒に闘おう!

以下、結成宣言と要求書、ビラの文章を転載します。

★結成宣言 

本日、私たちは、郵政非正規ユニオン・杉並分会(東京西部ユニオン・郵政分会)の結成を宣言します。

郵政で働く非正規・正規の労働者は、誇り高い労働者です。断じて日本郵政本社や支社の奴隷ではありません。郵便事業・郵政事業を実際に担っているのは、日々、現場で汗して働く私たち労働者です。

本社・支社・局幹部らは、労働者の誇りや労働者同士の団結を嫌い、個別分断的な支配のための労務管理に熱中し、自ら招いた民営化の失敗のツケの一切を現場労働者に押しつけています。そのブラックぶりから常に人員不足を抱え、そのツケを私たち現場におしつけるというのが実態です。本来、きっちりと安全な労働をしたいという、私たち労働者の真面目さを逆手にとって行われている職場支配はガマンの限界を超えています。

郵政非正規ユニオンは、3年前、3・11東日本大震災のあった2011年6月に結成されました。そして合同・一般労働組合全国協議会に所属し、その中心である東京西部ユニオンと一体に歩んできました。

本日、私たち、東京西部地域・杉並で、荻窪局を先頭に産声をあげました。何より、八王子西局における解雇撤回闘争と固く団結して、この闘いに続きます。労働者を人とも思わずパラサイト(寄生虫)呼ばわりする日本郵政と対決して闘います。八王子西局でのパワハラ即日解雇との闘いは、今や日本郵政全体で、労働者の歴史的な反乱を生み出しています。わが分会結成は、職場の多数の支持と共感を得るでしょう。

杉並から東京・全国へ、生きるために団結して闘う労働者の姿を、必ず実現できると信じ、本日ここに郵政非正規ユニオン・杉並分会を結成します。

2014年6月16日

★私たちの基本要求と立場

①スキル評価による賃下げを撤回せよ。スキル評価制度を廃止せよ。
②期間雇用社員を期限の定めのない雇用とせよ。
③組合加入をもって不利益扱いをするな(不当労働行為は断じて認めない)。
④人員不足を補い、賃金を上げ、差別・分断せず、まともな労働条件にせよ。
⑤郵政職場に、労働者の誇りと権利と生活を守る、闘う労働組合を拡大しよう。

★スキルダウンは断じて許せん!

スキル評価による賃下げを全額もとにもどせ!

スキル評価制度は、そもそも労働者を1人ひとりばらばらにする分断・団結破壊の制度です。仕事上の多様な課題を、個人別の評価にし、現実を知りもしないで「数字化」し、労働者の「自己責任」として押しつけるなど絶対に許せません。

「スキルダウン」という名のデタラメな賃下げは、悪質です。それは業務の日常的トラブルを口実にして行われています。しかし、そもそも交通事故や郵便事故等の多発の責任は、郵政資本・当局にあります。絶対に現場の労働者個人の責任ではありません。まして、時給を100円も200円も下げ、月給2~3万、年間にすると数十万の一方的な賃下げなど断じて認めることはできません。

スキル評価制度・スキルダウンは首切り攻撃だ! 

スキル評価制度・スキルダウンの本質は、解雇攻撃です。「嫌ならヤメロ」という不法不当なやり方です。それは評価される全労働者、郵政で働く全労働者への分断攻撃です。郵政資本は卑劣にも自ら手を汚さないで「自主退職」に追い込むやり方をとっているのです。断じて許せません。

郵政民営化=非正規職化に根本問題がある! 

このスキル制度は、非正規労働者だけの問題ではありません。郵便局で働くすべての労働者の問題です。

いまどこの職場も人手不足で大変です。労働者が退職しても満足な人員補充は行われていません。そもそも自爆営業、低賃金、サービス残業そして悪質な労務管理などなどーこのブラック企業・日本郵便にアルバイトも集まりません。当局は「アルバイトを募集しています」というだけで、なにも責任をとらずに全てを現場に押しつけるだけです。とんでもありません。

郵政民営化は完全に破産状態です。この民営郵政の現状を暴力的に維持しようというのが非正規労働者に対するスキル制度であり、正社員に対する新人事給与制度です。直ちに廃止する以外にはありません。

 あなたも共に闘おう!

この度の杉並・荻窪局での闘いは、八王子西局の闘いに続くものです。八王子西局における闘いで、正規の青年の中からも当たり前の闘いと生き方が示されました。

郵政非正規ユニオン・杉並分会(東京西部ユニオン・郵政分会)は、八王子西局闘争、東京多摩局闘争に続くとともに、国鉄闘争・動労千葉・動労水戸、鈴コンはじめとした全産業の仲間と固く団結して、郵政で働く仲間の結集を訴え、勝利するまで闘います。

みなさん、郵政非正規ユニオン・杉並分会(東京西部ユニオン・郵政分会)に加入して共に闘おう!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事