1. HOME
  2. ブログ
  3. 7・16さよなら原発!集会 空前の17万超の大結集    新たらしい歴史が始まった

7・16さよなら原発!集会 空前の17万超の大結集    新たらしい歴史が始まった

 7月16日、さよなら原発!代々木集会が、猛暑の中、空前の17万人結集で勝ち取られた。代々木公園一帯が完全に人の波で埋め尽くされ、主催者が「17万人が結集している」と興奮した声で告げると会場がどよめいた(13時45分段階)。この後も、どんどん人の波が押し寄せた。20万人の首相官邸前デモを1万5千などと発表する警視庁でさえ、「7万5千」と発表せざるをえない、空前の大結集だ。                                     集会では、呼びかけ人も発言者も全員が必死に再稼働を弾劾し、原発なくそうと訴えた。「十数万に上る私たちは屈辱の中で生きていくしかないのか。次の原発の爆発によって屈辱の中で死ぬほかないのか。そういうことがあってはならない」(大江健三郎)。福島からの武藤類子さんの静かな、しかも決然とした訴えに、福島の怒りと決意を全参加者が共有した。 参加した誰もが感動し、闘いの決意を燃え上がらせた。                                                       会場には労働組合の旗が林立し、連合幹部の「原発推進・消費大増税」への根底的な反撃の闘いとして労働組合の大結集が勝ち取られた。                                                 長蛇のデモが、「再稼働反対・原発なくそう!野田政権打倒!」の声を上げ、渋谷、新宿、原宿、代々木周辺全域を席巻した。                                                            労働組合を中軸に、被災地・フクシマを先頭に原発再稼働への怒り、野田政権の進める新自由主義を許さない闘いが始まった。                                       「さよなら原発アクション」は、この秋さらに大きな集会を持つと発表した。

 NAZENは、集会の成功を主催者や全参加者と一体で勝ち取るべく、1500の大部隊で結集し、整然と集会に参加し、明治公園へのデモを牽引した。

   *     *     *                                                

 大江健三郎さんの訴え                                                             「750万を超える署名を持って首相官邸に行ったが、それに対する答えは大飯原発の再稼働だった。私たちは政府に侮辱されている。私たちは次の原発の大爆発によって侮辱の中で死ぬほかないのか。そういうことが起きてはならない。私たちは政府のもくろみをうち倒さなくてはならない。そしてそれは確実にうち倒せるし、われわれは原発の恐怖と侮辱の外に出て自由に生きていくことができると心から信じます。しっかりやり続けましょう」。

武藤類子さん(福島廃炉ネットワーク)
  「福島の現状はあまりにも厳しいのです。4号機、甲状腺検査、再稼働、がれき問題、安全保障、廃墟と復興のはざまでひっそりと絶たれていく命たち。アメリカのジャーナ・メーシーという人がかって言いました。『絶望こそが希望である』と。                           福島原発事故という最悪の事態の中から私たちはひそかな光をたぐり寄せ、今このように青空のもとに集まっています。声なき声ともにあり、分断のワナにゆめゆめ落ち込むことなく、かしこくつながり合っていきましょう。共に歩んで行きましょう」  

 <写真上から>:①集会メーン会場・サッカー場を埋め尽くした参加者。 ②第2ステージ含む代々木公園全体の空撮写真。③労働組合の旗が林立した第2ステージ。④⑤会場から原宿まで車線を埋め尽くしたNAZENのデモ。 下:東京新聞に掲載された呼びかけ人の発言。                                                

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事