1. HOME
  2. ブログ
  3. 戦争と民営化反対の11・2日比谷野音集会で安倍をたおそう

戦争と民営化反対の11・2日比谷野音集会で安倍をたおそう

s20141029a-1

◆グラグラの安倍政権を11・2日比谷集会・デモでたおそう!

安倍政権は今やグラグラです。鳴り物入りで就任したはずの女性閣僚の小渕・松島大臣の辞任問題はますます泥沼的に拡大し、代わって経産大臣となった宮沢洋一も「カネ」の問題だけでなく、東電の株主(600株保有)であることが暴露され、すでに辞任寸前に追い込まれています。宮沢経産大臣、望月環境大臣、江渡防衛大臣、有村女性活躍大臣と、政治資金規正法違反で芋ずる式に腐敗が露呈。西川(農林大臣)など、過去の数々の悪事が暴かれ、怒りは沸点に達しています。

小渕問題の引き金は「内部告発」と言われ、それは新自由主義による地方切り捨て・解体への根源的怒りの爆発なのです。小渕の地元・中之条町でぼろ儲けしているのは不動産財閥の小渕一族のみ。その小渕が労働者人民から搾り取った血税を私的に良いように使いまくってきたのです。内部告発があれば、自民党議員など全部アウトです。地方を切捨て、労働者自民を切り捨ててきた新自由主義の崩壊が、自民党を分裂・解体の危機に叩き込んでいるのです。
また、橋下大阪市長が進めてきた大阪都構想も議会で否決されました。支配階級は分裂・崩壊を深めています。

安倍が強行させた川内原発再稼動賛成の市議会決議に人民の怒りは爆発しています。
北島邦彦が毎日街頭で行っている宣伝活動のなかでも、「小渕・松島2人の辞任で済ませて良いんですか?! 安倍を打倒しましょう」の訴えに「そうだ!」「こんな連中が行う原発再稼働なんてとんでもない!」という熱気が駅前を制圧しました。

11・2日比谷野音全国労働者集会への大結集の力で、戦争と民営化の安倍打倒をかちとりましょう。

◆11・2は国際連帯の力で戦争を阻止する唯一の集会

20141024c-210月21日、国際反戦デーの渋谷デモが行われました。法政大学の学生を先頭に、国際的な反戦闘争を甦らせようという機運が高まり、48年前にベトナム反戦ゼネストで戦争を止めた日にあわせて320人が渋谷デモしました。「イラク・シリアへの空爆反対!」「11・2で安倍を倒そう!」―沿道では、若者をはじめ多くの人びとが携帯のカメラを掲げてデモに注目し、11・2集会のタブロイドが次々と受け取られました。

今、イラク・シリアへの『有志連合』による空爆が行われ、この戦争に安倍が参戦すると言い、日米安保ガイドライン改定を狙っています。大学では、奨学金を返せない学生を自衛隊に入れようとしています。労働運動と学生運動の力で戦争を止めるために闘いましょう。
DSC_0218DSC_0216 北島邦彦は、10月12日には成田空港建設による農地強奪に反対し、三里塚全国集会に、産地直送ふろむあすの仲間とともに参加しました。今も市東孝雄さんをはじめとして、三里塚芝山連合空港反対同盟は農地を守り、成田空港の軍事使用を許さないとたたかっています。あらためて、労働者・農民の連帯で戦争を阻止するたたかいが決定的だと実感しました。

s20141029a-111・2日比谷野音集会には、動労千葉と三里塚反対同盟の闘いと結合し、韓国民主労総ソウル本部から27人もの代表団がやってきます。アメリカからはロサンゼルス統一教員組合(UTLA)という教育現場で戦争・民営化とたたかっている労働組合もやってきます。

11・2全国労働者集会は、全世界の労働者が連帯して戦争を阻止する唯一の集会です。日本国内で働く在日・滞日の外国人労働者も多数参加します。ぜひお集まりください。

◆東京西部ユニオンの労働相談から11・2参加が決定!

先日、西部ユニオンに労働相談がありました。ネットを見て労働組合の活動家だった人が、闘いを求めて飛び込んできたのです。話し合って、「まずは11・2労働者集会に参加しよう」と即、参加を決めました。
「安倍を打倒できる」「社会を 変革できる」「組合をつくれば首切り、長時間労働をぶっ飛ばせる」。11月労働者集会には、闘いたいと思うすべての労働者人民を引きつけるものが圧倒的にあります。

DSC_0278先日は、私たちの仲間である合同労組八王子の労働者が、有料老人ホームベストライフで「一人夜勤」導入反対のストライキに立ち上がりました。入居者からも声援の声がとびました。

今国会の最大の焦点は労働者派遣法改正案をめぐる攻防となりました。政権崩壊、自民党崩壊の危機に立つ安倍は、一切を階級圧殺攻撃にかけてきたのです。逆に言えば、労働者派遣法改悪案を粉砕すれば、安倍は絶対に打倒できます。
この時、連合は「正規職ゼロ法案反対」などと叫んで、闘いの分断を必死に策動しようとしています。自ら「政労使会議」に参加し、推進役になっておきながら、許しがたい分断攻撃です。
労働者派遣法改悪案の本質は「一生非正規法案」です。生きさせろ!の怒りを11・2集会で爆発させましょう。

◆JR安全放棄の安倍・葛西を倒そう!

10月29日の毎日新聞で「JR2社・重要線路未検査、北海道・四国12ヶ所」という記事が掲載されました。JR北海道や四国で、法令や内規で定めた検査を実施しなかったり、補修しなければならない異常を放置していたことが、会計検査院の調べで分かったというのです。
これは何を意味しているのでしょうか? 要するにJR(北海道・四国)は検査も補修も何もしていなかった!ということです。とりわけ北海道には安倍・葛西がJR東日本から幹部を送り込み人事を一新したのです。奴らがやったのはローカル線切捨て=地方の 切捨てだけ、安全問題は何一つ手を打たなかったことが100%暴かれたのです。第二、第三の「尼崎事故」が起って労働者人民が殺されようが構わない、これがJRと安倍・葛西がやっていることです。絶対に許せません。
こうした連中が外注化を推し進め、安全を崩壊させていく一方で、巨額の税金を湯水のごとく投入してリニア新幹線を強行する。ふざけきっている! 一刻も早く安倍・葛西を打倒しなければ労働者は殺されてしまう。
11・2労働者集会は、国鉄決戦の新たな段階を切り開く闘いです。国鉄解雇撤回10万筆署名は、7万5千筆を超えて大きく前進しています。動労千葉や動労水戸、そして東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会など、闘う労働組合を先頭に社会を変える力がここにあります。

miraibox2014.10都政を革新する会と北島邦彦は、残る数日街頭で地域で「11月2日は日比谷野音へ!」を全力で訴えます。ともに安倍をたおし、社会を変えましょう。

都政を革新する会で、11・2労働者集会チケット500円を扱っています。どうぞご連絡ください。

 

 

国鉄1047名解雇撤回・JR外注化阻止! 戦争と民営化の安倍政権を倒せ!
 11・2全国労働者総決起集会

 11月2日(日) 正午 東京・日比谷野外音楽堂(15時過ぎより東電に向かってデモ)

■今こそ闘う労働組合を全国の職場に 呼びかけ3労組
■国鉄1047名解雇撤回の最高裁判決を
弁護団/署名呼びかけ人/動労千葉争議団/国労闘争団
■JR外注化阻止/被曝労働拒否スト
動労千葉/動労水戸ほかJR外注化阻止の闘いの報告
■韓・米・独から海外労組代表が来日
韓国・民主労総ソウル地域本部 イヒョンチョル副本部長、全国鉄道労働組合
米ロサンゼルス統一教組(UTLA) セシリー・マイアトクルス首席副委員長
■戦争と改憲に突き進む安倍政権を倒せ
佐藤幸子(福島診療所建設委員会よびかけ人)
城臺美彌子(長崎被爆者・NAZENナガサキ)
■民営化と非正規職化粉砕の闘い
■現場からの闘いの報告
呼びかけ/全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部/全国金属機械労働組合港合同/国鉄千葉動力車労働組合/ 国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動

————————————————————
世界の労働者と団結し、戦争・民営化と闘おう!
11・3労働者国際連帯集会
11月3日(月・休日)午後1時開会/ビデオ上映
千葉商工会議所第1ホール(千葉中央ツインビル2号館14階)

112b

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事