1. HOME
  2. ブログ
  3. 12・22鈴コン闘争総決起集会が会場を埋め尽くす340人の参加で大成功。労組つぶしの連続解雇攻撃に労働者の誇りかけ団結と怒りで解雇撤回、非正規職撤廃の闘う道を堂々と示しました-

12・22鈴コン闘争総決起集会が会場を埋め尽くす340人の参加で大成功。労組つぶしの連続解雇攻撃に労働者の誇りかけ団結と怒りで解雇撤回、非正規職撤廃の闘う道を堂々と示しました-

12月22日、赤羽会館は闘う労働者の熱気があふれかえっていました。東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会の解雇撤回!非正規職撤廃!総決起集会です。東京を先頭に、千葉、広島、関西、福島などなど全国の闘う労働者・労働組合が続々と集まってきました。都革新も北島前区議(西部ユニオン特別執行委員でもあります)先頭に地域の住民、労働者を全力で組織して参加しました。
集会は西部ユニオン、北部ユニオンの青年労働者の司会ではじまり、合同・一般労組全国協議会の開会の挨拶、全日建運輸連帯労組関西生コン支部からの同じ産別の労組として熱い連帯のメッセージ、動労千葉副委員長・繁沢さん、国鉄全国運動からの挨拶と続き、基調報告「組織しろ!負けるな!勝ちにいけ!」。この鈴コン労組書記長・吉本さん(同時に西部ユニオン委員長、合同・一般労組全国協議会の共同代表)の基調報告は卑劣な鈴コン資本に対して一歩もひかず、絶対に職場に戻ってやる、非正規職であっても労働組合に団結し仲間を信じて闘えば勝てるんだ、という核心を誇り高く訴えるものでした。鈴コン分会分会長・内尾さんは「職場で悔し涙をのむ仲間の先頭に立ち、続いて立ち上がる仲間を信じる。必ず職場に戻る」と決意を述べました。職場に残って闘っている2名の分会員が集会の終わり間際に合流し、割れるような拍手で迎えられ集会は最高潮に。「こんな日だけ残業をさせるような会社、ダメだこんな会社は。俺たちが社長を代わってやろうか」に会場は爆笑。解雇攻撃を受けている組合員と残った組合員がしっかりと団結している、本当に感動的な姿です。連帯の挨拶は各地の合同労組から。特に4人で参加した福島合同労組の市川委員長は「心配したが、かえって元気をもらいました。団結して3・11(1周年・福島の郡山集会)へ」と訴えました。
この集会の大成功をもって、鈴コンの解雇撤回!非正規職撤廃!の本格的な闘いにはいるわけです。鈴コンを先頭に2012年を2000万(?)非正規職労働者の決起の年としましょう。都革新もともに闘います。
(長谷川英憲記)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事