1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護・福祉職場のユニオン活動から

介護・福祉職場のユニオン活動から


私たち東京西部ユニオンは、自治体・医療・福祉分野関連分会をつくって、活動しています。

介護・福祉現場で配布しているニュースを紹介します。(北島邦彦)

労働組合で交渉して勝ちとりました!

交渉でかちとった項目

①深夜割増賃金が未払いだったことを指摘し、過去2年8ヶ月にさかのぼって支払わせた。すでに退職した職員に対しても。

②ノロウィルスなど感染症の検査費用が自己負担だったのを、施設の負担とさせた。

③日常的に時間内に終わっていない記録を読むなどの時間―15分を時間外勤務と認めさせた。

《介護施設の現場から》

私の仕事は、杉並区阿佐ヶ谷にある特別養護老人ホームSの非常勤の介護職員です。福祉は本来自治体の責任で行なう仕事です。ここで利益をあげようとしたのが民営化で、介護保険制度の導入自体がそうでした。そもそも利益が出ない事業ですから、必然的に人件費を減らすことでしか成り立っていきません。
施設に入所している高齢者は徘徊したり、歩くと転倒の危険があったり、見張りの職員がいなければ事故があたりまえです。その人員がいない。どこの介護現場でも同じです。常に走りまわっている夜勤の現場。多くの職員は、夜勤中に栄養ドリンクを飲んで仕事をしています。腰痛も職業病です。
「まわりへの気遣いができる人」が評価されるので、次のシフトに入る職員が楽になるように、仕事を先取りしてやっておくことになります。「自主性」にもとづいて、どんどん仕事を増やしていく現実。どうするのか?
介護の現場では離職率が高く、労働者の入れ替わりが激しい現実があります。仲間ができかけたと思っていたら、その人が辞めていくという経験を繰り返してきました。ただ、辞めた労働者も近くの介護職場で働くことが多く、つながりを続けていけばあちこちの職場に仲間ができることになります。

《ヘルパーは介護保険の改悪を怒ってるぞ!》

2年前(12年4月)に高齢者の家事援助の時間が、1時間から45分に短縮された。私たちヘルパーへの大幅な賃金カットを行い、利用者にとって切実な家事援助を減らした。そのうえ、厚労省は今年の通常国会で、要支援1・2を介護保険の適用から除外すると宣言している。医療介護総合推進法案は衆院を通過し、今国会での成立が確実視されている。
当初、訪問介護や通所リハビリも減らそうとしたが、関係者の猛烈な反対にあって、ホームヘルプとデイ・サービス(通所介護)に的を絞っている。
だが、私たちホームヘルパーの仕事の80%以上は、家事援助(掃除、買い物、調理)である。ヘルパーからほとんど全部仕事をとりあげて、市町村の財政負担で、NPOやボランティアを使って家事援助や公民館での見守りをやるというのだ。kaigo1
こんなの許せない!また、70才以上の利用料も、1割から2割に増やす方針だ。高額な介護保険料を取りながら、これではまったくの二重取りだ。こういう命に関わる部分を切り捨てて、軍事費を増大して一部の資本家のための戦争に労働者をかりたてようとしているのだ。全力でぶっとばそう!

 

 

3ヶ月契約の非正規労働者でも、組合を結成して団結を維持して闘えば、必ず勝利できる!suzukonhanketukitajimairi

2年4ヶ月にわたって労働委員会・裁判を闘ってきた、生コンミキサー車の運転手で結成された東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会は、4月16日に東京地裁で、3人の組合役員の解雇無効・賃金支払仮執行の完全勝利の判決を勝ちとりました。

団結してたたかえば、勝利できます。

いつでも東京西部ユニオンに労働相談してください。

★まず、相談に来てください!
3.11原発事故やJR北海道、川崎駅事故などの安全崩壊、韓国セウォル号事件と通じる状況がどこの職場にもあります。今の多くの職場は、おかしな事ばかり。このままでは生きていけない、働き続けられないという青年たちが、反乱を始めています。当然です。
怒りや疑問、不安を1人で抱えこまないで、相談してください。
一緒に怒り、悩み、たたかい、ともに生きていける道を歩みませんか?

★労働組合を作れば、職場を変えることが出来ます。
労働者には労働組合を作って、会社と対等に交渉する権利があります。それを会社が妨害することは違法行為です。
賃金未払いや、不当な長時間労働、イジメやパワハラ、不当な解雇や退職勧奨(いじめて病気に追い込むなどの企業の犯罪!)は、労働組合の力で止めることができます。有給休暇は取れますか? 「サービス残業」は? 事故の責任を押し付けられていませんか? 労働と労働者が分断されていませんか?  ユニオンはいっしょに変えます!

【ユニオンにはすぐに加入できます】
▼相談無料 秘密厳守 3220-7473へお電話を
▼組合費は 月額収入の1%以下(及び毎月300円スト基金)
▼結成12年目です。▼相談時間は15時~20時です。
▼北島邦彦事務所の電話も常時受け付け→3329-8813
▼学習会、対策会議、交流会や花見等、親交も深めています。

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事