1. HOME
  2. ブログ
  3. 闘う労働組合をつくって安倍政権打倒へ   11・3集会が大成功

闘う労働組合をつくって安倍政権打倒へ   11・3集会が大成功

20131103全体写真 関西生コン支部・港合同・動労千葉の三労組が呼びかける11・3労働者集会は、改憲・戦争の安倍政権打倒、国鉄1047名闘争の勝利=「解雇撤回・JR復帰」、国際連帯を掲げ、全国全世界から5600名が集まり、新自由主義と大恐慌が行き着く、戦争と大失業と対決し、この社会を根本からの変革にを誓い合う、熱気あふれる集会となった。集会後、戦闘的で解放的デモが銀座一帯を席巻した。

◇今こそ闘う労働組合を全国の職場にを呼びかける3労組の訴え、◇三里塚闘争、弁護士戦線、星野闘争からの連帯、◇韓国民主労総・ドイツ機関士労組の国際連帯アピール、滞日・在日労働者の闘いの訴え、◇JR外注化阻止への国鉄戦線の決意、◇福島を先頭とする反原発の闘い、◇安倍・橋下打倒、新自由主義への総反撃を開始した労働組合の登場、憲法改悪阻止・沖縄闘争の訴え、◇全産別の青年労働者や全学連の学生の決意など、盛り沢山の企画とそれぞれの個性ある感動的な訴に、全参加者が集中して圧倒的な高揚感を持つ集会となった。

「全国に無数の闘う労働組合をつくろう」-動労千葉・田中康宏委員長

田中委員長の訴えに、今集会の意義と目的が全面的に示されている。

20131103支援する会習志野2 今日、たたかう労働組合全国の職場につくろうという一つの目的をもって集まりました。今、起こっていること、労働者に襲いかかっていることを絶対に許しません。 何でこれほど労働者の権利が奪われるのか、安倍政権は労基法の適用を除外する解雇特区を作るとか、総非正規職化とか、解雇自由、民営化、本当に我慢は限界です。憲法改悪、特定秘密法、戦争と大失業こんなのもうこりごりです。どこかで断ち切りたい。だから必要なのは、闘う労働組合をつくることです。私たち これらがどんな困難かは知っています。立ち上がったとたん団結を破壊され、首を切られる。だけどこの困難を乗り越えて全国の無数の職場に闘う労働組合ができたら時代は動きだします。 なぜか、怒りの声が世の中あっちこっちに募っているからです。この怒りの声を具体的な闘いに、具体的な姿にしましょう。
201311月集会滞日 もう一点述べます。国鉄闘争はみなさんのおかげでここまで来ました。過日の9・25判決では私たちの仲間達がJRに不採用になり、首を切られたことについて明確に不当労働行為があったとあの裁判所ですらせざるをえなくなりました。不当労働行為を認定しながら解雇撤回を拒否しました。絶対に許しません。26年間の闘いがここまで来ました。国鉄分割民営化からすべてが始まったのです。労働者の現状、憲法改悪の現状もすべてここから始まったんです。しかし、私たちは26年間のすべてをかけて最高裁闘争に立ち上がります。すべてをかける価値があると思っています。ここで国鉄分割民営化は全くの嘘だった。国家的不当労働行為であったこと、つまりここから起きたこと、民営化とか、非正規化とか、ワーキングプアーとか、貧困とか格差、こんなことが全部違法行為だったことを暴き出したい。そうすれば世の中は動き始めます。そのことに確信をもっています。だから闘う労働組20131103デモ2法大ブログ合が必要です。新しい10万署名運動で立ち上がります。国鉄分割民営化に決着をつけて、この社会を変えたい。私たち国鉄労働者にはその責任があります。分割民営化は全部崩壊しています。北海道の現実、職場が全部外注化されている現実、全部が破綻しています。闘う労働組合をよみがえらせましょう。
もう一点述べます。福島の現実から教えられました。今福島で起きていること、今も日々福島の人たちを殺していること、この政府がやってきたことが全部嘘だったということ。本当にもっと怒りの声が必要です。この社会を根本から燃やし尽くすような怒りが必要です。そのことを今日の集会で確信しましょう。闘う労働組合をつくる、社会を変え、歴史を作る、このことを訴えます。

<写真①:野音を埋めた全国全世界から集まった労働者市民、②:国鉄闘争勝利を訴える国鉄・JRの仲間、③:滞日労働者、④:青年学生を先頭にしたデモ>

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事