1. HOME
  2. ブログ
  3. 5・1新宿メーデーに集まろう

5・1新宿メーデーに集まろう

8時間労働・食える賃金・万国の労働者団結せよ!

怒りのメーデー復権させよう!

 すべての労働者のみなさん!新宿に集まり、生きさせろの声をあげましょう。安倍政権の賃下げ攻撃の先頭に立つJR本社にデモをかけよう!

メーデービラ表◇4・26自治労ストは闘いのはじまり
 いま地方公務員の基本給7・8%、一時金の10%削減に対する怒りが全国で爆発しています。「何か悪いことをしたのか」「生活は火の車だ」「ここで何もやらなかったら労働組合の意味なんてない」自治体の労働組合の中で激しい議論が巻き起こり、賃下げ反対署名もどんどん集まっています。今回、賃下げするか否かの自治体ごとのばらつきにかかわらず、統一スト突入を決め準備に入る単組が次々と出ています。
 4月26日は、全国の自治体労働者が30年ぶりに怒りを解き放ち、すべての労働者が爆発させる“始まりの日”になろうとしています。
 ストライキは労働者が団結して生きぬくための当然の権利です。自治体労働者はすべての労働者の未来をかけて、ストライキに立ちあがろう!

◇8時間労働・食える賃金をよこせ!

 メーデーとは、労働者が闘いに立ち上がり8時間労働制をかちとった歴史的な「闘いの原点の日」です。1886年5月1日、アメリカ・シカゴの労働者が「8時間は労働のために、8時間は睡眠のために、そして残りの8時間はわれわれの自由に!」を掲げて統一ストライキに立ち上がりました。労働者階級が長きにわたって血を流しながら闘いぬき、かちとったのが「8時間労働制」とメーデーです。
 今年のメーデーは、アベノミクスと言われる異常な株高と円安のなかでの賃下げ・非正規職化、一方での戦争・改憲の切迫した情勢との対決する日です。
 130年前のメーデー誕生の原点を復権する本物のメーデーとして闘いとろう。

◇6・9国鉄集会の成功を!
 安倍政権の民営化・外注化、賃下げ、非正規職化など「解雇自由」の攻撃の先頭を切っているのがJRです。JR貨物は全社員を対象に8%もの人件費削減を、労働組合をまったく無視してやろうとしています。国鉄分割・民営化破産のツケのすべてを労働者に押しつけようというのです。
 動労千葉、動労水戸、動労総連合は、国鉄1047名解雇撤回闘争をあくまで貫き、日本の闘
う労働運動の復権をかけ先頭で闘っています。
 今、安倍政権はこの動労千葉の1047名解雇撤回・鉄建公団訴訟を、真実を押し隠したまま結審しようとしています。この結審策動と闘い、「解雇撤回・JR復帰」を求める10万筆署名運動を拡大させよう。6・9国鉄闘争全国運動大集会に集まろう!

◆午後2時 新宿中央公園「水の広場」(都庁西側)集合。2時30分 デモ出発。

   ☆     ☆     ☆      ☆       ☆

メーデーの歌

聞け万国の労働者                                              とどろきわたらメーデーの                                          示威者に起こる足どりと                                           未来をつぐる鬨の声

汝の部署を放棄せよ                                            汝の価値に目ざむべし                                           全一日の休業は                                               社会の虚偽をうつものぞ

永き搾取に悩みたる                                             無産の民よ決起せよ                                            今や24時間の                                                階級戦は来たりけり

起て労働者ふるい起て                                           奪いさられし生産を                                             正義の手もととりかえせ                                           彼らの力何ものぞ

われらが歩武の先頭に                                            掲げられたる自由旗を                                           守れメーデー労働者                                                 守れメーデー労働者

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事