「ゼネストで安倍を監獄へ」6/24北島くにひこ街頭宣伝

朝は荻窪駅北口です

[show_more more=”記事の続きを読む” less=”記事を閉じる” color=”#0066cc” ]

朝の街頭宣伝後、「前進チャンネル」第8回の撮影を行いました!

今回は北島くにひこも出演します!
アップは明日の予定です!

昼は阿佐ケ谷駅南口で街頭宣伝!

ふくしま共同診療所の布施幸彦医師による応援アピール

さらに阿佐ケ谷パールセンターで練り歩きやりました!

北島くにひこと街頭宣伝隊

夕方は高円寺駅南口

動労水戸・辻川慎一副委員長による応援アピール

夜は阿佐ケ谷駅北口

無実で獄中41年、星野文昭さんの路上絵画展もやりました!

都庁レストランで、「福島の被曝と帰還強制反対の署名」を休憩時間中に集めたことをもって不当に解雇され、解雇撤回を闘っている柿沼さんが北島くにひこ応援アピール!

本日は阿佐ケ谷駅で「のぼり旗全部に共感できる」という青年や、「バイトのお客さんと政治ネタになると思って聞いてみたら、熱いこと言ってる。政策リーフは正しい。今まで選挙行ったことないが、北島に入れる。友達にも進める」という20歳の女性がいました!

また「共産党の演説聞いたが、エネルギーが違う」「立ち止まって聞いてる人の顔が違う。北島の方はスッキリした顔をしている。」という反応、「政治に興味あるが、森友・加計問題は陰謀論的でよくわからない。前川さんもさんざんこれまで持ち上げてたのに。」と聞いてくる女子高生もいました。

さらに「働くことを演説しているから北島さんはいい」という反応、「やべ、あれ中核派じゃね。カッケー。」「やったー、『前進』(中核派の新聞)もらえたー」という方、「応援しとるよ」「80年杉並に住んでる。迷ってるが、小池は嘘ばっか。絶対反対はなかなかない。」などの反応も!
本日の宣伝カーでは「安倍を監獄へ」に多くの方が反応してました。

「小池は金持ちファースト」という訴えや「保育園民営化反対」にも保育士の方など多くの方が反応。

ずっと手を振ってくる高校生もいました。

安倍は自民党の応援演説に来れないまでに追い詰められています。韓国の仲間に続いて安倍をゼネストで監獄にぶち込もう!

都議選に勝利しよう!

[/show_more]

カテゴリー: 動画, 原発廃炉・被ばくさせない, 東京都議会議員選挙, 都庁ふくしま署名解雇を許さない会, 都政を革新する会 | 「ゼネストで安倍を監獄へ」6/24北島くにひこ街頭宣伝 はコメントを受け付けていません。

「ゼネストで安倍を監獄に送ろう」都議選初日夕方は高円寺駅で街頭宣伝!

まずは高円寺駅北口で街頭宣伝!
北島くにひこアピール

[show_more more=”記事の続きを読む” less=”記事を閉じる” color=”#0066cc” ]

さらに南口。

鈴木たつお弁護士の応援アピール

本日最後の北島くにひこアピール


夕方の高円寺駅街頭宣伝でも多くの支持を頂きました。高円寺ではとりわけ若い方の反応が良かったです。

都立西高生に「高校前で『前進』(中核派の新聞)をもらって読んだ」と声をかけて頂きました。

またある大学生に、『前進』を読んで北島の演説をきいた上で、「一見すると実現不可能。どうやって実現するんですか?」と質問されました。議会だけじゃなくて現場の闘いできまるということ、韓国の闘いがそれを示していることなどを話しました。こちらの話を真剣に聞いて考えておりました。
さらにある50歳くらいの女性に、北島さんの「公安警察解体」の訴えを聞いて「なんてすごいことを言う候補だ。こんな候補いない。決めた」と言われました。

また「新しい労働者の政党はそのとおり。連合・民主党はだめ」とも言われました。

「父親が移民で差別受けてきた。トランプは嫌い。」と言う方もおりました。

また福島の避難者の方が、「避難者切り捨ての予算案全会一致は許せない」「(友達に)あなたも入れなさい」と言っておられました。

一から労働者の政党を作ろうという訴えに「なるほど」という反応がありました。

ある女子大生2人が、「自分は遊ぶためにバイトやってて不満ない」と言っており、柿沼さんの解雇の話をすると「解雇はひどい」という反応でした。

豊洲移転と一体で、小池への怒りは日々高まっています。

都議選勝利へ!

残り8日間全力で闘います!

[/show_more]

カテゴリー: 都政を革新する会 | 「ゼネストで安倍を監獄に送ろう」都議選初日夕方は高円寺駅で街頭宣伝! はコメントを受け付けていません。

☆解雇弾劾ニュース5号「小池都知事を労働委員会に訴えたぞ!」

都庁ふくしま署名解雇を許さない会より転載

no05
ka

[show_more more=”記事の続きを読む” less=”記事を閉じる” color=”#0066cc” ]


☆不当解雇

 4月3日、東京都庁議事堂レストランで働いていた非正規のシングルマザーの柿沼さんが、レストランを運営していた株式会社「はなまる」に突如、解雇されました。
 理由は職場で福島からの避難者の住宅追い出しに反対する署名を呼び掛けたことであり、都営住宅から避難者を追い出す小池知事を弾劾する都庁包囲デモに参加したことでした。この食堂が直営であれば、職場に労働組合があり、署名やデモの参加も問題にもならなかったことは明らかです。
 解雇を強行した「はなまる」は、二度の団体交渉の中で「東京都からの業務委託を受託した」と回答していました。
 そこで東京西部ユニオンは解雇撤回を求めて6月21日、解雇の責任者である小池知事と株式会社「はなまる」を都労委に訴えました。そして小池都知事にも団体交渉を申し入れました。

☆ウソつき
小池知事の代理の職員は、都庁で起きた不当解雇についてまったく批判をすることもなく、ただただ議事堂レストランの管理は都議会であると責任逃れに終始しました。彼女の「都民ファースト」は都庁で働く非正規労働者には適用されないようです。

 そこで都議会に確認したところ、今度は管理は議会であるが、施設の使用を許可しているのであって、「業務委託ではない」と説明されました。これは「はなまる」が団交で説明していた「東京都による業務委託」と完全に矛盾しています。いったい誰が本当のことを言っているのか?
 こうやって都の業務を次々とブラック企業に外注化して、労働者を劣悪な労働環境にたたきこみ、解雇の責任を嘘とペテンで居直るのが、小池知事の進める「都民ファースト」、「働き方改革」の中身であり正体なのです。
☆闘おう!
柿沼さんは、解雇通告の直後に会社から要求された「退職届を出せ」という要求を断固はねのけ、東京西部ユニオンと相談して、団体交渉を要求し、この不当解雇と闘う決意をして、闘いを開始しました。
 柿沼さんの闘いは、多くの非正規で働くシングルマザーの生きるための闘いであり、3・11以来苦しめられながら必死に生きてきた福島の母親の闘いと一体です。そして彼女の解雇との闘いは、安倍首相や小池知事が進める「働き方改革」という名の搾取の局限化と組合活動の破壊という私たち自身の職場での闘いと一体です。

 ぜひ署名やカンパ、「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」の会員になって、一緒に闘ってください。

●みなさんへのお願い

個人会費は月500円、団体会費は月1000円です。カンパも自由に振り込んでください。
郵便振替口座 00180-5-696858
加入者名「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」

通信欄に会費かカンパか、会費の場合何口で何か月分かを記入してください。署名用紙はこちらから。
[/show_more]

カテゴリー: 原発廃炉・被ばくさせない, 都庁ふくしま署名解雇を許さない会 | ☆解雇弾劾ニュース5号「小池都知事を労働委員会に訴えたぞ!」 はコメントを受け付けていません。

「安倍を監獄へ!」北島くにひこ、都議会議員選挙に立候補!

北島くにひこの第一声!

[show_more more=”記事の続きを読む” less=”記事を閉じる” color=”#0066cc” ]

応援アピール続々!

鈴木たつお弁護士

葉山岳夫弁護士

動労千葉・大竹副委員長

三里塚反対同盟・伊藤信晴さん

動労水戸・石井委員長

「期日前投票してくる」という方や「ずっと長谷川さんから支持してる。」という方、「入れるよ」と言って北島くにひことがっちり握手されていく方もおりました。

また、ある80歳の男性が立ち止まって聞いてて「森友と加計は絶対許せない。80年生きてきてこんな政権は初めてだ。『安倍は監獄へ行け』はその通り。共産に入れるつもりだったが、北島に入れる。」と言われました。

雰囲気的は全体熱いです!

立ち止まって聞いてる方も非常に多いです。

[/show_more]

カテゴリー: 動画, 原発廃炉・被ばくさせない, 杉並まるごと民営化, 東京都議会議員選挙, 築地市場の豊洲移転白紙撤回, 都庁ふくしま署名解雇を許さない会, 都政を革新する会 | 「安倍を監獄へ!」北島くにひこ、都議会議員選挙に立候補! はコメントを受け付けていません。

闘う労働者・北島さんを都議会へ 福島の命を守る闘い

国分寺本町クリニック院長・杉井吉彦さんの北島くにひこ応援アピールです。

[show_more more=”記事の続きを読む” less=”記事を閉じる” color=”#0066cc” ]

北島さんに期待し推薦するのは、私の医師としての37年の診療の経験の中から、とりわけ開設当初から北島さんとともに遂行している「ふくしま共同診療所」での5年に及ぶ医療実践から出てきた結論です。福島県民の健康を守り、とりわけ子どもたちの被曝による甲状腺がんの発症を、なんとしても早期発見・治療し救わねばならないからです。


 原発事故から6年、福島では依然として9万人が避難し、7千人がすでに法律上の期限2年をはるかに超えてきわめて貧弱な「避難住宅」に住み、「原発関連死」が2千人を超えています。とりわけ100万人に1人の発生とされている小児の甲状腺がんが、6月段階で良性1人を含め191人になっています。そのうち多くの子どもが手術し、甲状腺ホルモン剤を一生服用し、全身への転移に注意しながらの生活を強いられています。にもかかわらず、国・県は「被曝によるものではない」と医学的・統計学的にありえない主張を繰り返しています。


 また、3月から4月にかけて、帰還困難区域を除く地域の避難解除を一方的に行いました。年間20㍉シーベルト以下なら帰還とし、国際的なチェルノブイリ基準や医学的な常識をまったく無視して、「安全・安心」として人びとに被曝・健康被害を強制しています。避難解除されても80%以上が帰還を拒否している福島県民の意思と決意を支持・支援しなければなりません。

 さらに、今村前復興相の「避難は自己責任」「震災が東北でよかった」などという発言は、まさに安倍政権の、福島原発事故を反省せず、予想されるあらゆる被曝による健康被害にまったく対処しようとしない姿勢を暴露しました。原発再稼働推進と一体のもので、怒りに堪えません。

 その中で、「自主避難者」に対する住宅全額補助の打ち切りが4月に行われ、福島に戻って被曝しながら生活するか、避難を継続して経済的に困窮に追い込まれるかの厳しい選択を迫っています。各地で反対運動が広がる中、小池都政は住宅支援を打ち切る予算案を可決しました。日本共産党も賛成に回っています。福島では、共産党系の医師たちが「甲状腺がんは自然発生と同じだ」として、県医師会と一緒になって「安全・安心」「被曝でない」「大げさに言っている」と主張しています。このことひとつをとっても、私たちとともに「ふくしま共同診療所」を支え続けている北島さんのような、真に小池都政と対決する議員が必要なのです。

 「ふくしま共同診療所」も参加した「被曝と帰還の強制反対署名」は、全国から3万筆を超えて集まっています。東京で北島さんはこの署名運動の最先頭に立っています。

 杉並区民には、原水爆禁止運動の歴史があります。再び反核・反原発の運動を杉並の地で、都政で展開しようではありませんか。北島くにひこさんを都議に。都政を根本的に変えるために期待し、推薦します。

[/show_more]

カテゴリー: 原発廃炉・被ばくさせない, 東京都議会議員選挙, 都政を革新する会 | 闘う労働者・北島さんを都議会へ 福島の命を守る闘い はコメントを受け付けていません。

闘う労働者・北島さんを都議会へ 戦争状態の沖縄から

IJBS〔日本IBM・ビジネスサービス〕労組委員長 富田晋さんの北島くにひこ応援アピールです。

 僕は沖縄で働く労働者です。 今、沖縄は戦争状態です。嘉手納基地ではいつでも朝鮮半島に向けて戦争ができる状態がつくられ、辺野古の基地建設が強行され続けています。

[show_more more=”記事の続きを読む” less=”記事を閉じる” color=”#0066cc” ]

 それに対して、沖縄の若い労働者も、辺野古のおじいやおばあも闘ってきました。僕は辺野古の基地建設を止めるために、16歳から海で闘ってきました。北島さんは、僕らと辺野古の基地建設を止め続けた仲間です。彼こそ、この社会を変えるリーダーの一人です。

 今、社会はどうなっていますか。安倍政権はあらゆるものを民営化し、「岩盤規制」をとっぱらい、自分は湯水のように加計学園に金を渡している。腐りきった社会が僕らの目の前にある。

 社会が次に向かっているのは戦争です。自分たちが追いつめられたら、戦争でなんとか抜け出そうとする。その戦争のために共謀罪で監視社会をつくる。


 沖縄の僕たちは怒っているんです。

 保育園が民営化され、労働者が非正規職にされています。沖縄への基地建設の見返りとしての振興策、その振興策でできた雇用は99%が非正規雇用という実態でした。こんな状況は変えなくてはいけません。

 みなさん自身や、友達や、親戚に非正規職の方がいますでしょう。一人もいない人なんていません。

 労働者がこの社会を動かしているんです。労働者がこの社会を変える力を持ち、戦争を止める力を持っているんです。北島さんは非正規職を撤廃しようと訴え、選挙で闘うことを通してみなさんにゼネラルストライキを訴えています。

 僕が勤めている職場は、派遣労働者が99%の職場です。毎日誰かが管理職にパワハラをされ、ミスが起こったら自分のせいにされ、毎日誰かが退職していきました。保育園は民営化されているから子どもも預けられない。家族をもったら貧困にたたきこまれる。僕の職場のことは、みなさんと同じはずです。その現実を変えるために労働組合をつくって闘っています。

 労働者のみなさん。労働組合をつくれば変わりますよ! 時代を動かすこともできます。そのためには軸となる闘いと、思想と、中身が必要です。北島さんがその軸になってくれている。あらゆる職種の人がいると思います。一緒に闘いましょう。私たちとともに北島さんを押し上げ、ともに社会を変えましょう。

[/show_more]

カテゴリー: 東京都議会議員選挙, 都政を革新する会 | 闘う労働者・北島さんを都議会へ 戦争状態の沖縄から はコメントを受け付けていません。

闘う労働者・北島さんを都議会へ 北島は労働者の戦士

金属労働者・山口弘宣さんの北島くにひこ応援アピールです。

 「安倍も小池も監獄行きだ!」の声が街に響いています。安倍首相が「都議選に影響を与えないため」と異常な共謀罪の強行採決を行い、小池都知事が「都議選前に結論を」と豊洲移転を宣言したことにより、都議選が急速に階級的な攻防点になっているからです。

 朝鮮戦争がリアルになる中、戦後階級闘争を闘い、社会変革を求めてきた多くの人たちは、戦争政治を進め腐臭を放つ安倍を見て「ヤルしかない!」と怒っています。「安全・安心」を言いながら、開発利権や東京都丸ごと民営化を優先する小池に「ムカつく!」人たちがいます。そして、野党の「ふがいなさ」を目にし、良心的な人たちが「既成」の革新勢力に失望しています。「支持できる人などいない!」と選挙をボイコットする気持ちは当然です。どの政党も企業の利益を優先し、「経済成長優先だ」と労働者をこき使う政策を言葉優しく訴えているからです。多くの労働者の本音は、「みんな資本家の犬だ! 政治家などクソッくらえ!」なのです。実は普通の労働者こそ政治の本質を見ぬき、1%の資本家にすり寄る政治にNOを叫んでいるのです。


 既成の左翼勢力や労働組合と違い、革共同・中核派は70年安保・沖縄闘争の最先端で、星野文昭さんや大坂正明さんとともに「正義」の闘いを貫いてきました。また戦後最大の合理化・解雇攻撃であった国鉄分割・民営化に、動労千葉とともに階級の存亡をかけて闘いぬいてきました。北島くにひこさんは80年代に大手広告会社の労働組合で闘いぬき、国鉄闘争を「戦士」として闘いました。

 今年4月に都議会議員が利用する都庁議事堂レストランで解雇が起きましたが都議の誰も問題にしません。唯一闘っているのが東京西部ユニオン副委員長の北島くにひこさんです。解雇は「福島帰還強制反対」の声を上げた女性労働者に「ムカついた」小池が指示したに違いありません。

 私は中小・民間の連合傘下の労働組合で、「傍若無人」な資本に対してストライキで闘っています。つくっているのは消防車です。みなさんの街で人命を救助している車です。安倍や小池の言う「安全・安心」をつくっているのは、実は普通の労働者なのです。日々、労働で汗を流し、仲間と苦楽をともにする労働者が社会をつくっているのです。

 だからこそ訴えたい! 「この腐った資本主義の変革を求めるのが労働者だ!」と。労働運動の復権を訴える北島くにひこさんを、労働者階級の「戦士」として支持してください。その歴史的決定権は「あなた」にあるのです!

カテゴリー: 東京都議会議員選挙, 都政を革新する会 | 闘う労働者・北島さんを都議会へ 北島は労働者の戦士 はコメントを受け付けていません。

1千万人の怒りで安倍倒そう 星野文昭同志が都議選必勝へ訴え

北島くにひこ候補の都議選勝利を呼びかける、無実で獄中42年、星野文昭さん(徳島刑務所在監)のアピールを紹介します。

   安倍政治は、歴史的にも今日的にも破綻している新自由主義と戦争を、1%の延命のためにこれしかないものとして推進するものです。その実体が権力の私物化としての森友学園、加計学園問題として暴かれています。

労働者人民への首切りと低賃金と長時間労働(20年で非正規職が2倍の2千万人になり、その賃金は正規職の報酬の6割。ダブルジョブ、トリプルジョブでやっと生きられる)を強いる実態も暴かれています。

安倍政権による朝鮮侵略戦争は、朝鮮半島と日本の労働者人民、数百万人以上を虐殺するものです。
 それへの労働者人民の怒りの決起を圧殺するための共謀罪強行です。れに対して、労働者人民の全未来をかけた絶対反対と団結の闘いが職場も地域も世の中も変える力があることを体現する階級的労働運動・国際連帯の闘いが1千万人の怒りと結合する時、間違いなく韓国の民主労総・全民衆決起がパククネを打倒したように、労働者人民の決起によって安倍を打倒することは可能です。

トランプ政権も、移民排除もオバマケア撤廃も頓挫(とんざ)し、ロシアゲートによる政治危機を深め、それをのりきるために朝鮮侵略戦争の衝動を深めており、労働者人民の怒りに包囲され、階級的労働運動・国際連帯の闘いの真価・飛躍が問われています。

都議選と6・30韓国ゼネストによって、その歴史的突破口を開こう!

そしてデッチあげ供述を破綻に追い込み勝利を開いている星野再審・星野闘争と一体に大坂正明さんへのデッチあげ粉砕闘争に勝利しよう!

安倍の焦りにかられた弾圧を労働者人民の怒りと団結で打ち砕き、安倍を倒し、国際連帯で世界を労働者人民の手に奪い返そう!

カテゴリー: 東京都議会議員選挙, 都政を革新する会 | 1千万人の怒りで安倍倒そう 星野文昭同志が都議選必勝へ訴え はコメントを受け付けていません。

明日はいよいよ都議選告示! 新しい労働者の政党をつくろう!

本日朝は久我山駅。8:00からトラメガを使用。朝立のマイク宣伝は難しい。夕街宣に比べてより短いフレーズに小池打倒の中味を盛り込んで、さらに名前まで印象づけることが必要になる。歯の治療でお世話になっているYさんから激励の声かけ。

昼は方南町駅前で街頭宣伝やりました。

新しいのぼり旗とボードができました!

夕方は荻窪駅南口!

「安倍を監獄へ!」北島くにひこがアピール

都庁ふくしま署名解雇撤回を闘う柿沼さん、福島の椎名千恵子さん、荻窪在住の武田雄飛丸君から北島くにひこの応援演説を頂きました。

本日の荻窪駅南口街頭宣伝では、30分北島くにひこの演説を聞いていた男性に「素晴らしい。決まりました」と言われました。またフランスの方に声をかけて頂いて、「自分はアナーキスト。小池は許せない」と言われました。多くの支持者の方にも声をかけて頂きました。

荻窪駅では今日も自民党・民進党が街頭宣伝をやってました。いよいよ都議選も本番でアドレナリンMAXです!

いよいよ明日は都議選の告示です。「オール小池与党」をぶっ飛ばし、新しい労働者の政党を作りましょう!

カテゴリー: 動画, 原発廃炉・被ばくさせない, 東京都議会議員選挙, 築地市場の豊洲移転白紙撤回, 都庁ふくしま署名解雇を許さない会, 都政を革新する会 | 明日はいよいよ都議選告示! 新しい労働者の政党をつくろう! はコメントを受け付けていません。

前進チャンネル第7回「共謀罪絶対許さない」前進2854号(6/22付)

カテゴリー: 動画, 東京都議会議員選挙 | 前進チャンネル第7回「共謀罪絶対許さない」前進2854号(6/22付) はコメントを受け付けていません。