北島邦彦、杉並区議選に立候補し、選挙戦に入りました

CC6-eeqVIAAIO69

昨日19日、北島邦彦は杉並区議会議員選挙に立候補し、一週間の選挙戦が始まりました。48議席を70人で争う激しい選挙戦です。
戦争翼賛国会と化した国政と同じく、「戦争ゼッタイ反対、安倍たおせ」「消費税は全廃」「児童館をなくすな」の北島の主張は、オール与党の区議会をぶちやぶる闘いです。しかし、北島は1人ではありません。リーフレットに推薦人として名前を連ねてくださった数多くの区民のみなさん。全国から支援にかけつけてくださった労働組合の仲間たち、福島でたたかう女性たちなどなどがついています!

20150420a-1

150419-2

CC7QkXZUkAAoiiP高円寺の街を練り歩きしました

北島邦彦候補、告示日高円寺での第一声

ちょっと長くなりますが、阿佐ヶ谷駅前での第一声全文です。

◎安倍政治ゆるさない声を形あるものに
私は今回の区議会議員選挙、どんな政党の議席が増えるかとか、どんな議員が当選するのかということよりも、みなさんの安倍政権に対する怒りを解き放つことがもっとも問われていると思います。私たち自身の行動、声を集めて、「安倍政治は絶対に許せない」という声を杉並の声として今回の区議会議員選挙で私北島邦彦と一緒に、形あるものにしようじゃありませんか。

◎戦争絶対反対!ゼネストで戦争とめよう
さて、安倍政権が進める戦争政治、本当にこれは許すことはできない。今、自民党と公明党で安保関連法にかんする与党協議が続いています。これはものすごく複雑で、ものすごく曖昧ですが、これは若者たちを戦場に送り出す、私たちの生活を戦争で塗りつぶすものです。こんな法律認めるわけにはいかないじゃないですか。
20150420b-2この安保関連法の本質を一言で言えば、いつでもどこでも、どんな形ででも自衛隊が軍事行動を起こすことができる、こういう法律です。日米安保ガイドライン見直し作業をやってますけれども、これとあいまって、日本と米軍がある時は一体化し、ある時は日本が独自に戦争行為に入る。こんな法律が今つくられようとしていることを私は絶対に認めるわけにはいかない。戦争は絶対反対です。
そこで問題は、じゃあ戦争を具体的に止める手段はどこにあるのか。それは、生産現場で働く労働者が、自分たちがつくったものが戦争で使われることは絶対に認められない、例えば鉄道労働者が兵隊や武器を運ぶことは絶対に認められない、と戦争絶対反対で団結をして、自分たちの働く現場でストライキで生産を止めたら、戦争は一日として成り立たないということです。現代の戦争は、膨大な労働者が戦争に動員され、戦争に協力させられることによって成り立っている。だからこそ、今こそ戦争絶対反対の労働者のストライキ、これを闘うことのできる労働者の団結を取り戻していこうではありませんか。私はそのことこそ、最も強力な戦争を止める力だと確信しています。
20150420b-3だから私は労働組合の仲間をつくって、この10年間、とりわけ非正規労働者、若い世代の非正規労働者と職場の中で団結をつくろうと、さまざまに格闘してきました。労働者の団結こそ戦争を止める道だから、労働者の団結をつくるために全力を尽くしてきました。いよいよその真価が問われる状況に入ってきたと思います。
今こそ戦争絶対反対の声を、みなさん、この区議会議員選挙の中で、私北島邦彦とともに、形あるものにしていこうではありませんか。
◎韓国ゼネストと連帯
それともう一つ、戦争を止める道、もっとも重要なのは労働者の国際連帯だと私は確信しています。
a4396313今、韓国であの客船セウォル号が沈没して1周年、パククネ政権に対するものすごい抗議の行動が行われています。きのう、この沈没事故の遺族の21人を含め100人が警察により逮捕された。年金などの大幅削減、これに怒る労働者のゼネラルストライキ。全部の職場でストライキをして、生産を止めて、政権を倒そう、こういう闘いが始まっています。パククネ政権は今や風前のともしびに陥っているます。
その時に、このセウォル号事故は民営化と外注化の結果だ、こう弾劾してストライキをもって、ゼネラルストライキという、すべての職場の生産を止めようというストライキに立ち上ろうとしているのが、韓国の民主労総という労働組合です。戦争を止める道は労働者が国際的に手をにぎることだ。民族や国籍の違いをこえて、労働者が国際的に連帯して同じ労働者として殺し合いなんか絶対しないぞ、こういう闘いが戦争を止めるもっとも大きな力になるだろうと私は確信しています。今こそ私たち日本の労働者も、韓国の労働者としっかりと手をにぎる、国際連帯の闘いに立ち上がろうじゃありませんか。
この区議会議員選挙で私北島邦彦が議席を奪還することは、この韓国のゼネラルストライキに立ち上がっている労働者に、本当に限りない激励を与える。いよいよ日本の労働者もストライキに立つような闘いを始めたんだと全国・全世界の労働者にこの杉並から、声を届けていこうじゃありませんか。
◎児童館全廃は戦争への道。絶対反対で闘う
今、区民の方と民営化と外注化の問題についてちょっとお話をしました。「やっぱり財源問題が根本にあるんじゃないの」とおっしゃっていました。児童館を建て直す財源がないから児童館をなくさざるをえないんだ、財源がないから「あんさんぶる荻窪」を廃止して税務署と交換するんだ、こういう風に言われています。だけども、行政改革というのは、本来行政がやるべきことをどんどん削って民間に丸投げしていく、これが行政改革の姿じゃないですか。
その結果何が起こっていくのか。時の国家権力の独占、独裁をもたらします。行きつく先は戦争です。その犠牲にされるが子どもたちや高齢者の生活じゃないですか。こんなことは絶対に認めるわけにはいきません。
◎安倍政治への怒り解き放ち、ともに闘いをつくる
私は今回の区議会議員選挙は、単に「北島邦彦に一票お願いします」「みなさんの負託を受けてがんばります」という選挙だとは考えてもいません。私は、今回の区議会議員選挙は、みなさんの中にもふつふつとあふれている安倍政権の戦争政治、民営化と外注化、そして生活破壊の政治に怒りを解き放つ選挙だと考えています。
あなたの一票は、安倍政権を倒す一票です。あなたの一票は戦争絶対反対、戦争を止める一票です。こういう選挙に私北島邦彦とともに一緒につくっていこうではありませんか。誰かを選ぶんじゃない、一緒に闘いをつくる選挙、これが私が今回の区議会議員選挙、もっとも重要な課題だという風に考えています。
あんさんぶる荻窪密約画像2みなさん、私は今回の区議会議員選挙の中で、児童館をなくすというような田中区長が進める許しがたい攻撃、これを白紙撤回させなきゃいけないと思います。だけども、この白紙撤回させるために私を議会に送ってくださいと言いたいんじゃない。この児童館をなくすという攻撃をはね返すためには、児童館で働く労働者、地域の子どもたちを預ける保護者や、地域の住民、何よりも子どもたち自身と一緒に地域の団結の拠点を守りたいんです。田中区政のこうした児童館をなくすような民営化・外注化の攻撃と闘う地域の拠点をみなさんと一緒に取り戻したいんです。児童館をなくす区立施設再編整備計画を白紙撤回させ、田中区政を倒すための闘いをみなさんと一緒にしていきたいと固く決意をしています。
みなさん。私北島邦彦はみなさんの怒り、これをともにして、体を張って行動する議席を取り戻して、この区政、そしてそれを支える区議会、こんなものを根本からぶち壊していかなければいけない。そういう闘いに、みなさんと一緒に立ち上がっていきます。
ともに闘っていきましょう。

 
以下は、応援にかけつけてくださった方々の動画です。


衆院選をともにたたかった鈴木たつお弁護士から


国鉄分割民営化による解雇の撤回と外注化とのたたかいを続ける動労千葉の田中委員長


被ばく労働拒否のストライキをたたかう動労水戸の辻川さん

 


女性労働者の応援演説

カテゴリー: 動画, 区議選スローガンと主張, 杉並まるごと民営化 | 北島邦彦、杉並区議選に立候補し、選挙戦に入りました はコメントを受け付けていません。

中小業者をつぶす消費税は「値上げ中止」ではなく全廃!

CC7QkXZUkAAoiiP

4月になって多くの住民の方から「生活が困難になってきた」という切実な声が寄せられています。4月からの物価上昇や医療・介護制度改変で、区民に生活苦が襲いかかっています。
そのなかで一番大きな負担は、消費税の増税です。昨年4月からの8%アップが、私たちの生活を直撃しています。消費税を撤廃することなくして、私たちの生活を守れません。
「消費税は全廃!」これは私の一貫した主張です。「消費税分が払えない」「突然やってくる税務署の取り立てに怒り」「滞納しているが、もう限界だ」……閉店・倒産に追い込まれる杉並の商店や町工場の方々。消費増税で貧困にあえぐ子どもたち。年金が減らされたうえに生活できない高齢者。私の訴えにたくさんの声が寄せられています。
かつて杉並では、中小業者と労働者が団結して、過酷な徴税や取り立てを実力ではねかした歴史をもっています。今こそ杉並から「消費税撤廃!」の大行動をおこしましょう!

大企業のための消費税!こんなもの払えるか!

消費税輸出還付金消費税が「社会保障をまかなう費用」「安定した福祉の財源」というのは真っ赤なウソです。消費税増税とセットで、法人税がドンドン切り下げられているからです。99%の人びとを困窮させ、1%にも満たない大企業がボロ儲けする。こんなデタラメはありません。消費税は「大企業の大企業による大企業のため」の税制です。
しかも、輸出還付金として、総額およそ3兆を越える巨額の税金が大企業に丸ごと引き渡されるのです。(右図)一部の企業が円安でボロ儲けしているうえにです。この大企業が湯水のように、自民党に献金しているわけです。
こんな悪税は、安倍もろとも撤廃するしかありません!

非正規職を増やすための消費税!

消費税図 非正規職はついに2000万人を越えました。若者の2人に1人は非正規。未来が奪われています。一体誰がこんな状況をつくりだしたのか?
この背景には消費税があります。企業が税務署に納める消費税ですが、このうち派遣を雇った場合には、「モノ扱い」ということで、「仕入れ税額」として控除されるのです。実際に、消費税の払えない企業に税理士が「派遣に置きかえたらどうですか?」と話をもちかけるそうです。
北島邦彦は、西部ユニオン副委員長として、非正規職の若者への解雇攻撃と闘っています。労働者と一つになって消費税を全廃しましょう!

消費税は戦争税! いのちに妥協点はない!

消費税のような悪税は、戦争のための税金(=戦費)です。この生活苦のなかで、防衛予算は過去最大の5兆円の大台を突破しました(1月に閣議決定)。消費税増税は、安倍の集団的自衛権の行使容認と一体の戦争への道です。
一番許せないのは全政党が消費税を認めていることです。共産党は「10%は中止」というスローガンを掲げ、下げろとも言わない。これは実質的に「8%は認める」ということです。8%の今の現状を追認しています。
私は「戦争絶対反対」を掲げるからこそ消費税に反対です。私は「消費税は撤廃!」を貫き、みなさんとともに最後まで闘います。

商店主の方から寄せられた声

●消費税導入時、いくつもの商店で自殺が起こりました。今年の年度末は悲鳴があがっています。「消費税で殺されてたまるか!」という思いです。あんな高い税金は払えません。
▲「店が繁盛していなくても払え」というのはおかしい。ボロもうけしている大企業は売り上げのほんの少ししか払っていないのに!
★「消費税が払えない」と言うと税務署から「店を売ってでも払え」と言われました。ヤクザまがいのアコギな取り立てにもう我慢できません。

カテゴリー: くらしといのちを守る | 中小業者をつぶす消費税は「値上げ中止」ではなく全廃! はコメントを受け付けていません。

「児童館をなくすな」阿佐ヶ谷デモブレイク!さあ本日北島邦彦が区議選に立候補します

DSC_0073私たちは、「戦争反対、安倍政権たおそう」と訴え、同時に安倍政権のお先棒をかついで杉並丸ごと民営化を進める民主党・田中区政が進める「区立施設再編整備計画」白紙撤回を訴え、「児童館をなくすな」署名をとりくんできました。

3月末で科学館が実質閉館。あんさんぶる荻窪は荻窪税務署との「財産交換」と称してやはり廃止に向けて進んでいます。これらは、田中区長が進める「区立施設再編整備計画」のどす黒い正体を示しています。
児童館41カ所の廃止は絶対に許されません。そして今なら止めることができます。住民の怒りの先頭にたって行動する、口先だけではない本物の議員が今こそ必要です。

「区立施設再編整備計画」に審判を下す今回の杉並区議選告示前夜に、私たちは「児童館をなくすな」を掲げて杉並区役所に向けての阿佐ヶ谷デモをおこない、多くの区民と労働組合の仲間などが参加しました。その先頭に北島邦彦が立ちました。

さあ、本日はいよいよ杉並区議選告示です。北島邦彦は荻窪にて第一声。そのあと、区内を駆けめぐります。「児童館全廃絶対反対」の唯一の候補・北島邦彦をご支援ください!


北島邦彦・告示日(4月19日)の予定

9時   荻窪事務所前にて出陣式
10時頃 荻窪駅北口にて第一声
12~13時 阿佐ヶ谷駅北口
17時半~18時半 高円寺駅南口
19時~20時 阿佐ヶ谷駅南口

選挙事務所は、東京西部ユニオン事務所を借りています。

選挙期間中は、街頭でのチラシまき、「児童館なくすな」署名活動、電話かけ、公選ハガキ書きなど、誰でも取り組めます。どうぞ荻窪の北島邦彦事務所においで下さい!

seibuunionjimusyo

 

カテゴリー: くらしといのちを守る, ユニオン, 動画, 杉並まるごと民営化, 案内(街頭宣伝予定など) | 「児童館をなくすな」阿佐ヶ谷デモブレイク!さあ本日北島邦彦が区議選に立候補します はコメントを受け付けていません。

北島邦彦は一緒に実現します(杉並区議選スローガン)

区議選スローガンd★北島邦彦は、一緒に実現します★

 戦争絶対反対! 安倍政権たおそうDSC_0524

*戦争法案を廃案・憲法改憲絶対反対
沖縄新基地建設ストップ
*秘密保護法廃止
*反戦運動・労働運動潰しの治安法をゆるさない

 生活破壊の消費税は全廃B4ocIpSCQAE15Ef

*女性と子どもの貧困化をゆるさない
*大資本による再開発とめて、中小事業者を守る

 児童館をなくすな!学童クラブ・保育園の民営化反対DSC_0148

*「区立施設再編整備計画」は撤回
あんさんぶる荻窪廃止反対
科学館の廃止反対
*学校の民営化反対
*民営化・非正規職化の田中区政たおす

 フクシマの怒りとともに全原発廃炉!DSC_0192

被ばく労働の強制をゆるさない
*原発再稼働絶対反対
杉並からふくしま共同診療所の支援を

 労働者住民のいのちと安全を守る

*「残業代ゼロ・過労死促進」法案反対CA7fbCqW8AAVD0O
国鉄1047名解雇撤回
 *介護保険制度はやめ、誰にでも必要な医療・介護を
外環道・「外環の2」地上部道路の建設中止

 杉並から新しい労働者の政党をつくろう

kitajimiirasutoたたかう労働組合をよみがえらせる
韓国民主労総のゼネストと連帯し、国際的団結で社会を変える

カテゴリー: 北島邦彦の紹介と主張(「未来BOX」), 区議選スローガンと主張, 案内(街頭宣伝予定など), 都政を革新する会 | 北島邦彦は一緒に実現します(杉並区議選スローガン) はコメントを受け付けていません。

北島邦彦 プロフィール

2015区議選・ブログ固定画像b

北島邦彦のプロフィール

1959年山口県岩国市生まれ。中央大学法学部卒業。
広告会社で労働組合活動スタート。
国鉄分割民営化反対に決起し、6年余の獄中闘争。
2007~11年杉並区議会議員として、杉並民営化や「つくる会」教科書採択を進める杉並区政とたたかうと同時に、戦争反対、原発再稼働反対運動、労働組合をよみがえらせる取り組みを行う。
現在、東京西部ユニオン副委員長。鈴木コンクリート工業での解雇撤回・職場復帰(2014年)、アメリカンアパレルでの解雇撤回労働委員会勝利命令(今年3月)、郵政非正規ユニオン荻窪局での「スキルダウン」賃下げ撤回などを実現。
2014年6月区議補選で4332票を獲得。
12 月衆議院選挙を鈴木たつお弁護士とともにたたかう。
上荻に給食調理員の妻と暮らす。趣味は映画鑑賞。

カテゴリー: 北島邦彦の紹介と主張(「未来BOX」) | 北島邦彦 プロフィール はコメントを受け付けていません。

科学館の廃止は許せない! 地域住民の声

DSC_0023

連日、北島邦彦の街頭演説が続いています。今回の杉並区議選は、「戦争絶対反対、安倍たおそう」とともに田中区政が進める児童館廃止をはじめとした「区立施設再編整備計画」の撤回をかけた決定的な場になっています。
「児童館をなくすな!」子どもたちが集団で署名をしていきます。

「区立施設再編整備計画」では、あんさんぶる荻窪や科学館の廃止も盛り込まれています。あんさんぶる荻窪の廃止(「荻窪税務署との財産交換」)に対して、地元町会住民から「地域破壊だ」と強い反対の声もあがってきています。

杉並科学館閉館:東京新聞記事そして科学館の廃止です。田中区政は、「建物」をなくして機能だけを継続し,未­来の科学教育を「さらに発展・充実」させると称しています。しかし、東京新聞で「実質閉館」と報道された通り、実態は廃止であり、労働­者の非正規化です。

これについて、今日の北島邦彦の荻窪駅前での街頭宣伝では、地域の女性がマイクを取り、その正体について訴えました。ぜひこの声を聞いてください。

田中区政による科学館の閉館→廃止を許してはいけません!

杉並区立科学館は、ノーベル物理学賞受賞者の小柴昌俊さんが名誉館長を務め、小中学校の理科学習支援および区民向け講座を行ってきました。

しかし、この4月1日をもって理科移動教室などの主な事業やプラネタリウムの終了を決定。常設展示見学と講堂等の貸出のみとし、指導員16人全員をなくしてしまいました。実質解雇です。「事実上閉館」と東京新聞で報道されています。
その上に田中区政は、老朽化などを理由に今年度末で施設そのものを廃止し、跡地に特別養護老人ホーム整備を検討しています。

杉並区には杉並区立科学館条例があり、科学館設置が定められています。これを変えないと廃止はできないため、田中区長はこの3月末では「廃止ではない」というポーズを取りながら、実質的には廃止に踏み込んでいるのです。こんなだまし討ちはありません。
この科学館閉館は、児童館廃止をはじめとした「区立施設再編整備計画」の大きな一角であり、こうした区民をだますやり方に、田中区政の杉並まるごと民営化の正体がはっきりとあらわれています。
今からでも遅くはありません。区議選後に田中区長は科学館条例を変えようとするでしょう。絶対反対の声をあげましょう!

すぎなみ教育報臨時号

「『すぎなみ教育報』は区長のサギ」と住民が弾劾しています

区は、そのことを押し隠すように、「すぎなみ教育報」臨時号を発行し麗々しく「新しい科学教育の拠点づくり~次世代型の科学教育を目指して」として「学校理科室等への出前授業」などなどを打ち出しています。

裏面には「学校における理科教育の充実」「地域における科学教育の新たな展開」とも強調されています。

ところがどうでしょう。同じ裏面の左隅には小さく「現在の科学館の施設について」と題して、科学館の廃止を宣言しているではありませんか。地域住民の方たちが、これを「田中区長のサギだ」と弾劾しているのはまったく当然のことです。

すぎなみ教育報「科学館の施設について」

「移動式プラネタリウム」の実態は、指導員の解雇の上での非正規化

区は、科学館の目玉だったプラネタリウムは「移動式プラネタリウム」にするとして、4月7日まで済美教育センター理科指導員の募集がされていました(広報すぎなみ3月21日号)。

済美教育センター募集しかしその実態は、嘱託非常勤で月給17万4000円~。これで年間120カ所を指導員自ら運転して回れというのです。
これまで多くの専門研究員を輩出していった科学館の指導員が解雇された上、、こんな強労働・低賃金でなら雇ってやるというのは、労働のあり方としても、杉並の科学教育のあり方としてもまったく間違っています。

 

 

以前にアップした、科学館前での北島邦彦インタビューを再録します。

 

「児童館をなくすな!」「区立施設再編整備計画の白紙撤回を!」の旋風を巻き起こしましょう。北島邦彦はその先頭にたってたたかいます。

DSC_0018

DSC_0019

DSC_0020

DSC_0024

カテゴリー: くらしといのちを守る, 動画, 北島邦彦の紹介と主張(「未来BOX」), 杉並まるごと民営化 | 科学館の廃止は許せない! 地域住民の声 はコメントを受け付けていません。

児童館なくすな署名、大ブレイク!

DSC_00841

東京西部ユニオン呼びかけの「児童館なくすな」署名が大ブレイクしています。

4月5日、日曜日には250筆余りの児童館廃止署名が集まりました。文字通り老若男女世代を超えて大ブレイクしています。

児童館リーフオモテ面

 

児童館リーフウラ面

以上のようなリーフも好評です。

「今頃児童館廃止と言ったって…」という声も聞かれました。

しかし、児童館廃止をはじめとする杉並まるごとの民営化はまだ正式に決まってはいません。

「児童館なくすな」署名を広げ、必ず田中区長を倒しましょう!

DSC_0148

 

 

 

カテゴリー: ユニオン, 北島邦彦の紹介と主張(「未来BOX」), 杉並まるごと民営化 | 児童館なくすな署名、大ブレイク! はコメントを受け付けていません。

杉並から安倍と田中区政を倒そう! 4月杉並区議選へ訴えます(北島邦彦)

s-DSC_0065いよいよ明日から4月。ここ数日で一気に暖かくなり、桜も開花しました。

一方で、4月からは様々な制度改正があり、私たちの暮らしを直撃します。

年金では、国民年金保険料が月1万5590円にアップの上、年金額の給付抑制が開始されます。

医療では、国民健康保険料の上限額が年85万円にアップ。

介護では、65歳以上の介護保険料が初の月5000円を超える見込みで、特養への新規入所の厳格化などが目白押しです。

保育では、子ども・子育て支援新制度の開始。

DSC_0157bそして消費税8%が中小業者をはじめ多くの人々に重くのしかかり、年度末での廃業が相次いでいます。

労働者に対しては青年をはじめ非正規労働者の3月末雇い止めとの攻防が行われています。

これらはすべて、安倍政権のもとでの戦争と一体での社会保障の全面的な解体であり、地域丸ごとの民営化のなかで起こっていることです。
IMG_7167そしてこの地域丸ごと民営化を、安倍政権のお先棒をかついで進めようとしているのが、他ならぬ杉並・田中区政です。田中区長は「区立施設再編整備計画」という、児童館全廃をはじめとする全面的な民営化を行おうとしています。
ところが杉並区議会では、「前の山田区長に比べればまし」と、田中与党と化した会派はもとより、日本共産党なども基本的にこれに屈し翼賛しているていたらくです。

私は、なんとしても4月杉並区議選で、安倍自民党をたたき落とし、労働者住民とともにたたかう議席の奪還をかけてたたかいます。

毎日、杉並の各所で街頭宣伝を行っています。朝は荻窪駅の各口で、夕方は夕方18時~19時中央線の駅前です。
(月)荻窪駅北口、(火)阿佐ヶ谷駅、(水)西荻窪駅、(木)荻窪駅南口、(金)高円寺駅です。なお他陣営との兼ね合いや天候などにより変更する場合もあります。
ビラまきなどスタッフ募集中! 電話3329-8813 北島事務所にご確認下さい。

北島邦彦(元杉並区議会議員/東京西部ユニオン副委員長/都政を革新する会事務局長)

以下、私が今街頭でおこなっている演説を紹介します。


戦争・核武装に絶対反対

IMG_7077 4月の杉並区議選の課題は何でしょうか。
最近、杉並区内のいくつかの町内会で、「憲法改正に賛成します」という署名用紙が回覧板の中に入れられています。これは「連合を分裂させろ」と叫ぶ右翼ジャーナリストの櫻井よしこや、安倍政権のブレーンといわれるJR東海名誉会長の葛西敬之らが進める「憲法の改正を求める1000万人署名運動」の一環だと思われます。
町内会の活動で、改憲を求める署名が許されていいはずがありません。回覧板を回すことで署名をした人としない人がわかってしまいます。戦争中の「隣組」制度のように、住民同士が監視し合い、思想・信条を地域で管理しようと狙う動きです。絶対に許せません。
背景には安倍の戦争政治があります。3月20日の与党協議で、武力行使に向けた安保関連法制に自公が合意しました。いつでも、どこでも、いかなる形でも自衛隊の軍事行動を行うことができるようにするということです。
ロシアのプーチン大統領が、昨年のクリミア半島の併合時に「核攻撃の準備をしていた」と公言しました。本当に核戦争が引き起こされかねない状況です。安倍政権が戦争法案と一体で原発再稼働を強行しようとするのも、日本の核武装化を準備しているからです。
4月統一地方選に向けて「安倍政権の暴走を止める」などと主張している党派もいます。しかし求められているのはそんなことではない。必要なのは、戦争に突き進む安倍政権を今すぐ倒すことです。

児童館全廃を許さない!

787a954095ace397a60f8624a6fefcc7 杉並区議選の課題は、一つは安倍政権を労働者の力で倒すこと。もう一つは、安倍政権が進める民営化・外注化と一体で田中良杉並区長が掲げる「区立施設再編整備計画」を絶対に許さず、白紙撤回させることです。
田中区長の施策は、区内のあらゆる施設・事業を民営化・外注化し、一握りの大資本の金もうけのために差し出すということ。まさに「杉並丸ごと民営化」です。中でも重大なのは、区内に41カ所ある児童館を全部なくしてしまう計画です。
児童館では就学前の子育て支援も行われていますが、これを新たにつくる「子どもセンター」に移し、放課後の学童保育も全部小学校の中に移すと言っています。児童館の機能を解体し、そこで働く労働者もバラバラにし、保護者や住民との間につくってきたきずなも全部破壊する。そして児童館から小学校へ移した学童保育を全部民間委託で運営する。企業の利益を上げることが第一とされ、子どもたちの安全が危機にさらされます。
児童館で働く500人の労働者のうち半分が嘱託・パート・アルバイトといった1年契約の非正規労働者ですが、児童館全廃で250人全員が首を切られることになります。この杉並丸ごと民営化計画は杉並区がブラック自治体になるということです。白紙撤回以外にありません。
東京西部ユニオンが呼びかける「児童館をなくすな」署名を広げましょう!

労働者が主人公の社会に!

IMG_7166b安倍を倒し、児童館の全廃と杉並丸ごと民営化を阻むことはできるでしょうか? できます!
その力は労働組合と労働者住民自身の中にあります。それが戦争・原発を止め、消費税を撤廃させます。医療・介護や保育・教育を全部切り捨てる政治をぶっ飛ばす唯一の力です。私以外は、困った個人を「1人にしません」とか「救ってあげる」と言う。首切り・非正規化の民営化に賛成したり進めておきながら「救ってあげる」なんて大うそです。労働者が団結しあきらめないで闘ったらどんな力を発揮するか。そこに労働者が主人公の社会をつくる力があります。私は東京西部ユニオンの活動を通して確信しています。

「解雇無効」決定かちとる

CA7fbCqW8AAVD0O3月23日、私たち東京西部ユニオンのアメリカン・アパレル分会の仲間が2年前に職場を不当解雇された件で、解雇を無効として原職に復帰させ、2年分の賃金相当額を支払うよう会社に命令する決定が東京都労働委員会から出ました。全面的な勝利決定です。
アメリカン・アパレルという会社は米ロサンゼルスに本社があり、ごく一部を除く全従業員が1年契約のパート・アルバイトです。多くの青年労働者が使い捨てにされ、不当に首を切られ、泣き寝入りをさせられてきました。しかしその中から労働者としての人間としての誇りをかけて、団結し立ち上がりました。そしてついに解雇無効の決定をかちとりました。感動的な勝利です。解雇撤回・原職復帰をかちとった鈴木コンクリート工業分会に続き、労働者は正規・非正規を問わず、団結して闘えば勝てることを示しました。
闘う労働組合、労働者の闘う団結体をつくりだす。これこそ4月杉並区議選の課題です。労働者と怒りをともにし行動する議席を一緒に取り戻しましょう!

————————————————————
f2639_03_02a杉並区議選のスローガン
◆戦争絶対反対 安倍たおせ
◆生活破壊の消費税は全廃
◆児童館をなくすな
STOP! 杉並まるごと民営化
◆杉並から新しい労働者の政党をつくろう

【連絡は下記へどうぞ】

seibuunionjimusyo

 

カテゴリー: くらしといのちを守る, ユニオン, 北島邦彦の紹介と主張(「未来BOX」), 医療・福祉, 杉並まるごと民営化, 案内(街頭宣伝予定など), 都政を革新する会 | 杉並から安倍と田中区政を倒そう! 4月杉並区議選へ訴えます(北島邦彦) はコメントを受け付けていません。