「共謀罪反対!新しい労働者の政党をつくろう!」6/1国会前で北島くにひこがアピール!

国会前集会のダイジェスト動画

カテゴリー: 都政を革新する会 | 「共謀罪反対!新しい労働者の政党をつくろう!」6/1国会前で北島くにひこがアピール! はコメントを受け付けていません。

北島くにひこは訴えます 戦争と民営化  小池都知事を倒せ

安倍・小池と真っ向から対決し、都議会議員選挙(7月2日投票)に杉並区から立候補する北島くにひこ・東京西部ユニオン副委員長の訴えを紹介します(5月28日のJR阿佐ケ谷駅前)。

●腐った政治打破しよう

7月2日の都議会議員選挙に私は断固立候補して闘います。私はこの選挙の中で、戦争・民営化推進の安倍首相と小池都知事を打倒することが、最も重要な課題だと思います。

安倍政権の戦争と改憲の政治は絶対に許せません。加計学園事件などは、まさに安倍政権による権力犯罪です。その安倍の反動政治を首都東京で行おうとしているのが小池都知事です。
小池都知事は、あたかも都議会自民党と対決しているかのような構図をつくり、都議選を「都民ファーストの会」なるもので闘おうとしていますが、言っていること、やっていることは、全部、安倍首相と同じです。

小池都知事は安倍首相と同じ、日本会議という右翼反動団体の大幹部です。憲法を変え、日本を戦争をやれる国にすることを主張しています。さらに共謀罪法案にも全面的に賛成しています。賛成しているどころか、警視庁、公安警察の指揮・命令権者として、共謀罪法の具体的適用の先頭に立とうとしています。なぜか。それは、東京を戦争のできる軍事都市にしようとしているからです。

小池都知事は自身のホームページで「日本は核武装という選択肢を持っている」「それまでは米軍の核ミサイルを東京に配備すればいい」と主張しているのです。

自民党から始まって日本共産党まで、すべての政党、立候補予定者が、このことをひとことも批判しません。既成の全政党が戦争と改憲の政治に総屈服しているのです。

●解雇した張本人は小池

しかし、この状況を打ち破る現場労働者の決起が、都庁の中から始まりました。都庁議事堂レストランで働いていた非正規の女性労働者が、小池都知事によって不当にも解雇されましたが、これを絶対に許さないと闘いに立ち上がりました。彼女の決起が大きく燃え広がっています。小池都知事は福島原発事故の「自主避難者」への住宅補助を3月末で打ち切りました。だからこそ、被曝と帰還の強制に反対して立ち上がった女性労働者の闘いを恐れ、4月冒頭に解雇したのです。まったく許せません。

女性労働者は「皆さん、一緒に闘ってください。あなたの大切な誰かを守るために、ともに生きられる世界をつくりましょう」と呼びかけています。不当解雇を許さない闘いは、小池都知事による労働者の権利破壊、都労連解体攻撃を打ち破る闘いでもあります。ともに闘いましょう

●民営化は雇用・安全破壊

小池都知事は市場、保育、都営交通など、都政のすべてで民営化と外注化をやろうとしています。私は、労働者の立場として、民営化と外注化を進める小池都知事を絶対に許せません。民営化と外注化は膨大な非正規職労働者を生み、膨大な労働者の首を切ります。

ここでも小池都知事は、新自由主義政策を進めてきた自民党の政治とまったく一体です。いや、小池都知事こそ、破綻した新自由主義政策をごり押ししようとしているのです。

水道、学校給食、医療、保育など自治体業務の民営化・外注化は、一握りの資本のために労働者の命と生活、安全をとことん破壊するものです。待機児童問題についても、小池都知事は今年度に1800億円程度の予算をつけていますが、小池都知事がやろうとしていることは、徹底した民営化です。保育事業に民間の事業者を参入させるための規制緩和・規制撤廃が小池都知事の保育政策のすべてです。これを今、加計学園事件で問題になっている「国家戦略特区」という制度を使って、やろうとしています。

保育所が民営化されて民間に投げ渡されたらどうなるのか。保育労働者の労働条件はますます切り捨てられます。非正規の保育労働者が膨大に生み出されます。その結果、保育労働者が団結して声をあげることが全部否定され、森友学園のような、とんでもない事業体が保育の世界を牛耳って、莫大(ばくだい)な利益を上げていくんです。そして、保育所に預けられる子どもたちの命が危機にさらされます。安全が崩壊していくのです。

これが「都民ファースト」なる小池都政の真の姿です。絶対に許せない。都の業務の民営化・外注化を進める小池都知事を今こそ、この都議選の中で打倒しましょう。

今こそ私たち労働者が、地域の民衆とも一体となって団結をとり戻しましょう。その団結をもとにして、共謀罪絶対反対、戦争なんか絶対許さないゼネストで闘うことです。それこそ共謀罪法案を打ち砕く最大の力です。

そして、都議選の闘いをとおして新しい労働者の政党をつくって、この腐りきった政治と社会を根本から変えましょう。共謀罪法案を葬り去り、小池都知事を倒すために、みなさん、ともに行動しましょう。

カテゴリー: 北島邦彦の紹介と主張(「未来BOX」), 都政を革新する会 | 北島くにひこは訴えます 戦争と民営化  小池都知事を倒せ はコメントを受け付けていません。

現在の治安維持法=共謀罪とめろ!6・11銀座デモへ!

カテゴリー: 案内(街頭宣伝予定など), 都政を革新する会 | 現在の治安維持法=共謀罪とめろ!6・11銀座デモへ! はコメントを受け付けていません。

国鉄1047名解雇撤回!国鉄闘争全国運動6・11全国集会へ!

カテゴリー: 案内(街頭宣伝予定など), 都政を革新する会 | 国鉄1047名解雇撤回!国鉄闘争全国運動6・11全国集会へ! はコメントを受け付けていません。

共謀罪反対! 小池打倒! 5/28阿佐ヶ谷デモを打ち抜きました

カテゴリー: 動画, 都政を革新する会 | 共謀罪反対! 小池打倒! 5/28阿佐ヶ谷デモを打ち抜きました はコメントを受け付けていません。

5/28荻窪駅タウンセブン前での北島くにひこアピール

カテゴリー: 動画, 都政を革新する会 | 5/28荻窪駅タウンセブン前での北島くにひこアピール はコメントを受け付けていません。

北島くにひこ政策リーフ

カテゴリー: 北島邦彦の紹介と主張(「未来BOX」), 都政を革新する会 | 北島くにひこ政策リーフ はコメントを受け付けていません。

北島くにひこのPVが出来ました!

カテゴリー: 動画, 都政を革新する会 | 北島くにひこのPVが出来ました! はコメントを受け付けていません。

都議選(杉並区)に北島邦彦の擁立を決定!

都議会議員選挙(杉並区)に北島邦彦の擁立を決定!

★民営化と労組破壊の小池都政を打倒しよう!

★日韓労働者の国際連帯で朝鮮戦争を阻止しよう!

★新しい労働者の政党をつくろう!

小池都知事の登場から半年。「都民ファースト」を掲げて打ち上げられた豊洲市場、オリンピック施設、待機児童の問題など、いずれもが民営化・規制緩和(撤廃)と労働者の非正規化をねらいとすることが明らかとなりつつあります。しかし、夏の都議選を控えるなかで、あらゆる政党―会派・議員が「小池劇場」に取り込まれつつあるのが現実です。
いよいよ東京大改革の「本丸」である都営地下鉄と東京メトロの統合=民営化との大攻防が始まります。都政の現場で日々汗を流す労働者と東京に住み・働く労働者民衆の団結をとりもどすために、都議選の場で全力をあげて闘います。

都政を革新する会 北島邦彦

略歴

1959年 山口県岩国市生まれ
1982年 中央大学法学部卒業
読売広告社入社
1985年 同社労働組合執行委員
2001年 都政を革新する会事務局長
2007年 杉並区議会議員(-2011年)
2012年 一般合同労組 東京西部ユニオン副委員長

お問い合わせは下記までお願いします。
都政を革新する会 杉並区上高井戸1-32-40
TEL 03-3329-8813

カテゴリー: 北島邦彦の紹介と主張(「未来BOX」), 都政を革新する会 | 都議選(杉並区)に北島邦彦の擁立を決定! はコメントを受け付けていません。

戦後史の決着をかけた闘い! 7・15国会前に職場・地域から集まろう

715

7152

戦争法粉砕! 民主労総ゼネスト連帯!

7・15国会包囲闘争

7月15日(水)
●午前9時~終日 国会前座り込み
正午 霞が関ー国会デモ(11時半に日比谷公園霞門集合)
●15~17時 国会前抗議集会(衆議院第2議員会館前)

◆日比谷公園霞門…①メトロ丸の内線「霞ヶ関」駅B2出口より徒歩1分、②メトロ千代田線「霞ヶ関」駅C1出口より徒歩3分
◆衆議院第2議員会館…①メトロ丸の内線/千代田線「国会議事堂前」駅1番  出口より徒歩5分、②メトロ有楽町線「永田町」駅1番出口より徒歩5分

【主催】全国労組交流センター/全学連

IMG_2430-300x168

7月5日に行われた「許すな!改憲 大行動」主催の7・5安倍倒そう集会は、1530人の参加で大成功しました。

飛び入りが数多く、銀座を意気高く「安倍を引き下ろせ!」とデモしました。

集会での宣言文を転載します。

戦争法と憲法改悪を許さない東京宣言

2015年7月5日

日本全国・全世界の皆さんへ。
「命と生活」のために、いま世界中で人々が闘いに立ち上がっています。そして、日本の私たちは、安倍政権による憲法改悪と戦争法を絶対に許さない闘いの真っただ中です。世界で最も危険な右翼軍国主義者と警戒されている日本国首相・安倍晋三。国会は連日万余の人民に包囲され、また安倍は「慰霊の日」の沖縄から怒号の中で追い返されました。私たちは、その安倍政権と人民との日本戦後史の結着をつける闘いに、ゼネストに決起する韓国民主労総80万労働者に限りなく励まされながら突入しています

(1)戦争放棄の憲法9条を踏みにじり、集団的自衛権行使を認めた閣議決定から1年が経ちました。安倍政権は、国会会期を戦後最長の95日間延長してまで11本の戦争法案の成立をたくらんでいます。
ときの内閣が「我が国と密接な関係にある他国に対する攻撃」と認めさえすれば、「憲法9条のもとで許される自衛の措置」と言いながら、自衛隊が地球上どこでも武力行使ができる。
しかも、その「他国」とは「北朝鮮以外は排除しない」と岸田外相が国会で答弁し、安倍首相は「朝鮮半島有事も存立危機事態として判断できる」と明言しています。

(2)こうした戦争法を「憲法違反」と明言した憲法学者の国会証言は、安倍政権に痛打を浴びせました。追い込まれた安倍が唯一すがりついているのが、1959年の砂川事件最高裁判決です。田中耕太郎最高裁長官が駐日アメリカ大使と密談を重ね、「駐留軍は違憲」とした東京地裁判決を覆すことを約束して出されたのが、この最高裁判決です。こんなものにすがって戦争法の成立をもくろむ安倍政権は、即刻倒すほかありません。

(3)私たちは、ますます強く何度でも「戦争絶対反対」を叫びます。あの第2次世界大戦で奪われた日本人民310万・アジア人民2000万の命の無念。それを引き継いで戦争責任を問い、生きるために戦後革命に決起した労働者人民。この不退転の思いと闘いが、戦後革命は未完に終わったとはいえ、憲法9 条「戦争放棄」を支配者に強制していったのです。
安倍ら右翼ファシストにとっては、ここにはじまる戦後史は「屈辱、堕落の戦後レジーム」として「脱却」すべきものでしかない。だが、それは戦後社会に生きてきた人民の「命と生活」の価値観と真っ向から衝突する。ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマ・沖縄の苦しみと怒り、1947年2・1ゼネスト敗北を乗り越えようと苦闘し続ける労働者階級の誇りがあります。まさしく「安倍と資本家のために死んでたまるか!」です。
戦後最大の労働者攻撃であった新自由主義による国鉄分割・民営化をストライキで打ち破った動労千葉は、団結を強化し、今や外注化・民営化と安全破壊に真っ向から立ち向かっています。また動労水戸は、福島第一原発事故の放射能被曝列車運行をストライキで阻止し、地域住
民・原発労働者の決起を生みだそうとしています。

(4)ギリシャをはじめ世界を覆う大恐慌はいよいよ深まり、ウクライナ・中東・東アジアから世界戦争・核戦争の危機が迫っています。
韓国の民主労総が、パククネ政権打倒の第2次ゼネストを7月15日に決行すると発表しました。アメリカ・ヨーロッパ人民の闘いも沸騰しています。次の2点をすべての皆さんと確認したい。
ひとつは、戦争は、一握りの支配階級の利益のためだけに行われるということ。そしてこの戦争を止めることができるのは、労働者階級人民であること。職場で闘い、団結をつくり、労働運動をよみがえらせよう。そして大学キャンパスから自治会旗のもとに学生は団結し、戦争絶対反対の先頭に立とう。
もうひとつは、「自国政府打倒」の国際連帯。労働者人民は世界的に一つです。国境も領土
も存在しません。排外主義と国益主義に打ち勝って、人民を殺し殺される関係に追い込む自分
の国の政府を、それぞれで倒す。日・米・韓の労働者人民の連帯、とりわけ韓国民主労総との
連帯が決定的です。

(5)自民党は、来年の参議院選挙を経て、明文改憲の第1回国民投票として「緊急事態条項」新設案を出すと言っています。政局は激動していますが、安倍政権と私たちとの未来をかけた決戦はすでに始まっています。
桜井よしこや葛西敬之(JR東海名誉会長)らが「美しい日本の憲法1000万人賛同署名」運動を進めています。また、自民党青年局が300万枚のビラを用意して「二度と戦争を起こさないための抑止力」などと叫んで一斉に街頭に出ましたが、大勢の人々が包囲して退散させてしまいました。
私たちは、次の3本のスローガンの下に「戦争絶対反対! 許すな改憲! 1000万人署名運動」を始めます。改憲絶対反対の声が職場と街頭にあふれる状況をつくりましょう。

◎沖縄・福島の怒りとともに、安倍政権を倒そう!
◎労働運動をよみがえらせ、憲法改悪を阻もう!
◎国境を越えた人々の連帯で、戦争を阻止しよう!

民主労総の第2次ゼネストと連帯し、戦争法案を阻止する7・15国会闘争に全力で決起し、7月国会決戦を闘い抜こう。そして安倍を迎え撃つ8・6ヒロシマ―8・9ナガサキ闘争、「70年安倍談話」粉砕の8・15闘争をともに闘おう。

「7・1閣議決定」一周年
改憲・戦争・原発・首切りの安倍をともに倒そう!大集会

 

カテゴリー: ユニオン, 案内(街頭宣伝予定など), 都政を革新する会 | 戦後史の決着をかけた闘い! 7・15国会前に職場・地域から集まろう はコメントを受け付けていません。